「エイムゲイン」レクサスIS後期をついにリリース、純正然にグレードアップする


レクサスの価値は一切損なわずに
“IS”ならではのスポーティ感を昇華

開発中の『レクサスLC』と『レクサスHS』を除けば、レクサス用エアロのラインアップがほぼ完成した「エイムゲイン」。
レクサスのカスタムにおいて他の追随を許さない圧倒的な存在感は、オーナーに優越感をもたらすだろう。ベース車の魅力を引き出し高めるエアロの造形もしかり。30型IS後期オーナーも、そんな優越感に浸れる。
日本国内はもちろんのこと、世界を相手にVIPという戦場で戦う「エイムゲイン」。となれば、同じく世界を相手にしているレクサスを扱うことは、避けては通れない道だ。
ただし、闇雲にラインアップを拡充するだけでは、優越感は生まれない。しっかりとベース車の素性を見抜き、それを確実に高めるエアロを作り続けない限り、目の肥えたオーナーは真贋を見抜くだろう。エイムゲイン レクサスIS 後期 エアロ

「レクサスISは、高級感はGSやLSに一歩譲るものの、それに勝るとも劣らないスポーツ性が特徴です。それならば下手に高級感だけを高めるのではなく、元々の機動力の高さを表現するエアロの方が自然なはず。そう判断して、今作はハーフシリーズの”純VIP EXE”で開発しました」とは、エイムゲインの伊藤チーフ。
フロントはバンパー下に追加装着する、アンダースポイラーという提案。純正バンパーとの隙間を巧みにスリットダクト化させたり、両端をカナード状に立てたりと、コンパクトながらも確実に走りをイメージさせるのはさすがである。
また、サイドは深いえぐりによる立体感が特徴。後方に向けて徐々に高さを増す純正形状とのマッチングも、極自然なものだ。そして、リアのアンダースポイラーだが、フロントとは異なり、脱着可能で純正パネルとの交換式。これにより、後付け感のない仕上がりが実現した。
「その中にはフィンとマフラーフィニッシャーを投入し、Fスポーツを超える疾走感を与えました」。
なお、いずれのパーツも取り付け部の造形を工夫し、バージョンLにもFスポーツにも対応。このような誰をも満足させる計らいも、エイムゲインを選ぶ優越感になるだろう。エイムゲイン レクサスIS 後期 エアロ

 

フロントアンダースポイラーのサイズアップは30mmほど。極薄く小さなパーツだが、これだけでスポーティ感が増す。バージョンLとFスポーツ、どちらにも装着可能だ。エイムゲイン レクサスIS 後期 エアロ

 

リアもアンダースポイラー。とは言え純正に追加するのではなく、交換型。一体感が非常に高く、サイズアップもほぼないのが特徴だ。エイムゲイン レクサスIS 後期 エアロ

 

フロントアンダーは前方へ25mmほど突出。ダクトやカナード、また素材のカーボンによって、風を切って走るイメージを演出する。
サイドステップは深いえぐりが陰影を作り、メリハリの効いたサイドビューに。貼り付けるだけでフロントフェンダーダクトが完成するパネルとなり、こちらもカーボンとFRPを用意している。エイムゲイン レクサスIS 後期 エアロ

リアはフィン付きディフューザーによって、Fスポーツ以上の迫力を獲得。マフラーはフィニッシャーに変更され、排気位置の違いは付属のカッターで解消できる。
また、トランクスポイラーは立ち上がりを強調した造形に。ルーフスポイラーも陰影でのみ存在を主張する程度で、形状は鋭くマッチングは上々だ。エイムゲイン レクサスIS 後期 エアロ

AIMGAIN VIP EXE for LEXUS IS  

PRICE LIST (カーボン/FRP)
フロントアンダースポイラー 8万6400円/6万4800円
サイドステップ 12万9600円/8万6400円
リアアンダースポイラー 10万8000円/6万4800円
上記3点キット 30万2400円/19万4400円
トランクスポイラー 6万4800円/4万3200円
ルーフスポイラー 6万4800円/4万3200円
フロントフェンダーパネル 10万8000円/6万4800円
マフラーフィニッシャー(カッター付属) 3万7800円

 

エイムゲイン TEL082-427-2334
http://www.aimgain.net