ハイエーススタイルミーティング九州・熊本【ハイスタ賞〜メーカー賞】 (1/6ページ)


ワイドボディをチューンドマシン風にセットアップ

【ハイエーススタイル賞】

レーシーなスタイリングで、圧倒的な存在感を放つ長浜野郎サンのハイエース。
シャープなラインが魅力な「エセックス」のフロントバンパーだが、ダミーのインタークーラーやオイルクーラーの追加で、ハイパフォーマンスなターボチューンをイメージさせた。
ボトムには追加のカナードを装着し、カーボンボンネットとスモーク処理されたヘッドライトで“バッドフェイス”を完成。シルバーのボディは地味な印象になりがちだが、「415コブラ」のオーバーフェンダーやメッキパーツの払拭により、メカニカルなイメージに仕上げた。
チラ見せする「ブレンボ」のキャリパーなど、細部まで徹底したカスタムは見事である。
ハイスタミーティング九州・熊本、カスタム、ハイスタ賞、

 

ダミーとは思えない本気モードの冷却系
バンパー内で鈍く光る巨大なインタークーラー。本気のターボチューンを思わせるオイルクーラーも設置し、ダミーとは思えないリアルなチューンドテイストをアピールする。
ハイスタミーティング九州・熊本、カスタム、ハイスタ賞、
『レンソ』の20インチホイールの内側で、さり気なく存在感を主張するのは、『ブレンボ』の6ポットキャリパー。ローターは大口径405mmを装備する。
ハイスタミーティング九州・熊本、カスタム、ハイスタ賞、
シートは「レカロ」限定モデルで、『スポーツJC』がベースのレザー仕様。「ビートソニック」のハイエース専用スピーカーキットを装着するなど、快適な車内空間に仕上げた。
ハイスタミーティング九州・熊本、カスタム、ハイスタ賞、
オーナー:長浜野郎サン
ベース車両:ワゴンGL
HFC九州のメンバーとともに参加してくれた長浜野郎サン。「まさかの受賞にビックリしました」と謙遜していたが、仕上げは文句ナシの注目度。特製トロフィーもお似合いデス。
ハイスタミーティング九州・熊本、カスタム、ハイスタ賞、

大胆にカットされた「エセックス」のリアバンパー下に、ワンオフマフラーの配管をレイアウト。オリジナリティあふれるリアビューは、バッドフェイスに負けない個性を発揮する。
ハイスタミーティング九州・熊本、カスタム、ハイスタ賞、

[SPEC]
1)エセックス・プログレスⅡ+不明カナード 2)ジョーカーデザイン 3)エセックス・プログレスⅠ改 4)ラストステーション 5)レンソ(20×9+20) 6)ニットー・NT555(225/35) 7)F:ネオチューン・ショック+リム・トーションバー+クスコ・スタビライザー、R:ネオチューン・ショック+ユーアイビークル・スタビライザー 8)ワンオフ 9)ブレンボ・6ポットキャリパー+405φローター 10)ボクシースタイル・ボンネット、エセックス・カーボンワイパーガード、415コブラ・オーバーフェンダー、ファブレス・4型ヘッドライト加工、FET・フォグ、ステラV・テールランプ、ヴァレンティ・ハイマウントストップランプ、Tスペック・ドアハンドルガード 11)シルクブレイズ・ステアリング/シフトノブ/インパネ、不明マット、レカロシート、不明リアシートカバー、セカンドハウス・ベッドキット、不明アームレスト 12)玄武・キャタライザー、サティスファクション・カーボンチャンバー、アールズ・ダミーオイルクーラー、トラスト・ダミーインタークーラー 13)カロッツェリア・ヘッドユニット、ビートソニック・スピーカー、不明モニター

スペック概要:1)フロントスポイラー 2)サイドステップ 3)リアスポイラー 4)リアウイング 5)ホイール 6)タイヤ 7)サスペンション 8)マフラー 9)ブレーキ 10)エクステリア 11)インテリア 12)チューニング 13)オーディオ

 

【↓次ページに続く↓】