AMG S63でライバルに差をつける「プライオールデザイン」という方法論


「ロイヤルファントム」のレアコーデ術
US鍛造22インチを履くデモカーに迫る

日本では見ることのない『プライオールデザイン』のエアロを装着し、唯一無二の個性を発散させるAMG S63。そのレアなフォルムから放たれる存在感の魅力に迫る。

過激なエアロメイクで注目を集める『プライオールデザイン』だが、源流はドイツのチューナー。
日本では知るヒトぞ知る存在だ。現行型のSクラス(W222)用のエアロキットが登場した際には大きな注目を集めたが、現実として導入となれば極めてハードルが高い印象だった。しかし、このレアなブランドを輸入して”AMG S63″に装着した日本のショップがある。静岡県の「ロイヤルファントム」だ。
デモカーのテーマは「誰もやっていないコトを追究する」こと。結果、バンパーの仕上げとしてダクト部分が塗り分けられているが、マットブラックではなくあえてグロスブラックで塗り分け。
品位を保つスタイリングをボディ全体に浸透させたというワケである。プライオールデザイン ロイヤルファントム AMG S63

さらにホイールはアメリカの鍛造ホイールブランド、『リネン』の22インチを履く。
しかも、このデザインはもともと3ピースと2ピースには存在したが、今回初めて1ピースで製作されたもの。というのも、ブレーキキャリパーとのクリアランスを稼ぐために、あえて1ピースを選んだというワケだが、22インチの大きさとの相乗効果でかなり目を惹くスタイリングへと進化した。プライオールデザイン ロイヤルファントム AMG S63

 

ブラッシュドの『リネンM55D』はディレクショナルデザインが特長。
ブレーキは『スポーツライン』のブレーキキットをインストール。フロント・リアともに6ポット、ローター径は410φを奢る。プライオールデザイン ロイヤルファントム AMG S63

 

大開口部を誇るバンパースポイラー。オプションのLEDユニットを両側開口部にインストールし、さらりとインパクトを稼ぐ。プライオールデザイン ロイヤルファントム AMG S63

 

トランクスポイラーはブラックアウト。ホワイトのボディカラーのなかでもしっかりとアピールできるように演出させた。プライオールデザイン ロイヤルファントム AMG S63

 

リアはディフューザー部分を変更している大型のフィンが疾走感絶大。AMGのマフラーとも相性はバッチリ。バルブ付きセンターマフラーも採用された。プライオールデザイン ロイヤルファントム AMG S63

 

SPEC
エクステリア:プライオールデザイン・Fバンパー/Sフリッパー/Rディフューザー/デイライト/フェンダー/トランクスポイラー ヴァルド・ルーフスポイラー
ホイール:リネンM55D(F9×22 R11×22)
タイヤ:ピレリP-ZEROネロGT(F255/30 R295/25)
チューニング:オリジナル・ロワリングキット ミラクル・マフラー ブレンボ・キャリパー+ビッグローター

 

ロイヤル・ファントム TEL055-941-5211
http://www.royal-phantom.com/