イギリス発の鍛造3ピース3SDM「FORGED 3.19」を使えばUSメイクは完璧


ストリートで注目を浴びる
コンケーブと独創の螺旋形状

このところ注目度を着実に高める「3SDM」は、ホイールの設計から製造まですべてをイギリスで完結するこだわりのブランド。最新3ピースモデルは、フルオーダーともいえるスペック決定の自由度が大きな魅力だ。

【3SDM FORGED 3.19】

カラーバリエーションは、3ピースホイールには欠かすことのできないデザイン要素だ。
一昔前では考えられないくらいホイールカラーの幅が広がった今では、カラーバリエは、ホイールの性能のひとつといってもいいだろう。
イギリスの「3SDM」は、USストリートシーンで人気を集めた個性的なデザインに、多彩なカラーを用意して、3ピースモデルを豊富にラインアップする。
「3SDM」がアメリカで注目を集めたのは数年前。ブランド設立から間もなく、1ピースモデルのみのラインアップだったが、そのデザインの個性がストリート系ユーザーに受け入れられたのだった。そして、次のステップとして、半年ほど前からラインアップされているのが鍛造3ピースモデル。
今回BMW335iが装着しているのは新モデル『3.19』。コンケーブディスクに19本のスポークの螺旋パターンが文句なしに個性的である。通常のゴールドより赤みの強いローズゴールドはアルマイトカラーで、カラーの深みで見せる一般的な塗装よりもいくぶんマットな仕上がり。
アルミの質感が強く表れるので、その分だけレーシーなルックスとなる。段付きのステップリムが、さりげなくクラシックでグッドバランスだ。
「3SDM」のホイールは、デザインから製造まですべてイギリスで完結させていて、それがデザインの個性にもつながっている。そして、3ピースシリーズは、センターディスクのデザインやリム形状、深さまで、すべてオーナーの好みで選べるというセミオーダーメイド。
もっとも、センターディスクは最初から40パターン以上用意されているそうで、カラーもアルマイト以外にも豊富に用意しているというから、デザイン的にはフルオーダーメイドといってもいいくらいだ。
ストリートメイクをホイール一発でキメてしまいたい、そういうオーナーには望み通りのホイールといえるだろう。

フロント9.5×19、リア11×19で、タイヤはそれぞれ245/35、265/40 。ホイールカラーはローズゴールド。アルマイトカラーはメーカーのイチ押しだ。段付きのステップリムはちょっとクラシックな佇まいで¥200,000+税/本。

撮影車は335i M-Sport。フロントリップとリアディフューザー、カーボントランクを装着したUSストリートルック。車高ダウンはワンオフ車高調サスキットを組み込んでいる。

 

アルバートリック TEL045-620-4180
http://www.albertrick.co.jp