GT-Rのパーツ再供給へ「NISMOヘリテージ」がまもなくスタート


車検に不可欠な80部品を再販
R32GT-Rを皮切りにR33/R34も予定か

11月24日、日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)、およびオーテックジャパンは、より長く日産のパフォーマンスカーを乗り続けられるようにサポートをする活動「NISMO ヘリテージ」を開始。また、製造廃止になった部品を「NISMOヘリテージパーツ」として、12月1日より発売すると発表した。
「NISMOヘリテージ」とは、日産、ニスモ、オーテック(ニスモ・カーズ事業部)の3社とサプライヤーとが共同で、製造廃止になった部品の再供給を検討。日産のハイパフォーマンスカーを少しでも長く乗り続けられるよう、可能な範囲でサポートするというものだ。NISMOヘリテージパーツ ニスモ R32 GT-R 部品供給

第1弾としては、R32型(1989年8月~1995年1月販売)の「スカイラインGT-R」を対象に、『ニスモ』が「NISMOヘリテージパーツ」を日本国内にて発売。R32型GT-Rの専用部品のうち、走行や車検に必要不可欠な重要部品を中心に、既に製造廃止となっている部品について再生産、再供給を検討していた。
結果、ハーネス、ホース/チューブ、エンブレム、外装部品などを販売。その数は、約80部品になるという。NISMOヘリテージパーツ ニスモ R32 GT-R 部品供給

当時と同じ状態での生産は難しいため、再生産で対応できないものは、代替、リプレイス、リビルト、オーバーホール、さらにはNISMOチューニングパーツでの対応を検討している。NISMOヘリテージパーツ ニスモ R32 GT-R 部品供給

 

なお、「NISMOヘリテージパーツ」は、11月26日に富士スピードウェイで開催する「NISMO FESTIVAL」で特設ブースにてお披露目。
今後、R32型のアイテム追加およびR33/R34型GT-Rへの拡大を検討するなど、「NISMOヘリテージ」活動を継続していく予定である。