ニッサン・スカイライン歴代11モデルの軌跡 〜日産ヘリテージコレクション〜


スカイラインのすべてがわかる
初代からR32まで完全網羅

約300台もの車両展示にくわえ、日産の歴史を目の当たりにすることができる「日産ヘリテージコレクション」が、座間事業所内において開設されている。
ここには、古くは1930年代の生産車からモータースポーツで活躍した車両まで、幅広いクルマを展示。日産の歴史を知るには最適なコレクションホールになっている。
さて、前回は「日産自動車の歴史と1950年代までの車両」について解説したが、今回は『スカイライン』をピックアップし、歴代の性能とコンセプトなどを紹介しよう。

 

主力モデルからスカイラインの歴史を振り返る

【スカイラインデラックス】

名車スカイラインが初めて産声をあげたのは、1957年4月。プリンスセダンの後継者として開発が行われ、アメリカ車風のテールフィン、ボディサイドにはクロームメッキなどを採用し、華やかさを押し出したスタイリングで話題となった。
搭載されたエンジンは、60馬力を絞り出すGA30型・直列4気筒OHVで、排気量は1484cc。最高速度125kn/hをマークし、性能の高さをアピールした。革新的なメカニズムを採用するスカイラインは、2スピードワイパーやド・ディオン式のリアサスペンションシステムを採用する。

日産ヘリテージコレクション、スカイライン
●年式:1957年 ●型式:ALSID-1 ●全長:4,280mm ●全幅:1,675mm ●全高:1,535mm ●ホイールベース:2,535mm ●トレッド(前/後):1,340/1,380mm ●車両重量:1,310kg ●エンジン:GA30(直4・OHV) 1,484cc ●最高出力:44kW(60ps)/4,400rpm ●最大トルク:105N・m(10.75kgm)/3,200rpm ●サスペンション(前/後):ダブルウィシュボーン/ド・ディオン・アクスル ●ブレーキ(前/後):ドラム/ドラム ●タイヤ:6.40-14-4PR

 

【スカイライン2000GT】

1964年に発売されたスカイラインGTのパワーアップバージョンとして1965年に登場したスカイライン2000GT。ウェバーキャブを3連装し、最高出力125psをマークし、180km/hの最高速度をマーク。
グランドツーリングカーの称号にふさわしいスペックを持ち合わせていた。シャシーは強化され、ブレーキもディスクブレーキに変更、スタビライザーを前後に装着し、トランスミッションはシンクロ化を施している。
「羊の皮を着た狼」という名文句をカタログに記していた。

日産ヘリテージコレクション、スカイライン
●年式:1965年 ●型式:S54B-2 ●全長:4,255mm ●全幅:1,495mm ●全高:1,410mm ●ホイールベース:2,590mm ●トレッド(前/後):1,265/1,255mm ●車両重量:1,070kg ●エンジン:G7型 (直6・OHC、ウェーバー40DCOE3連) 1,988cc ●最高出力:92kW(125ps)/5,600rpm ●最大トルク:167N・m(17.0kgm)/4,400rpm ●サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/リーフリジッドトルクロッド付 ●ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム ●:タイヤ5.60-13 6PR

 

【スカイライン2000GT-R】

打倒ポルシェを旗印に開発されたプロトタイプレーシングカー「R380」の血統を受け継ぐスカイライン2000GT-R。
ツーリングカーレースで戦うために生まれたこのGT-Rは、R380用エンジンを市販車用に再設計したS20型エンジンが搭載され、量産車世界初となる4バルブDOHC機構が採用されており、最高出力160ps、最大トルク18kgmというパワーを発揮。
発売から3ヶ月後には JAFグランプリに出場し、デビューウイン。その後も連勝を続け、49連勝、通算52勝をあげている。

日産ヘリテージコレクション、スカイライン
●年式:1969年 ●型式:PGC10 ●全長:4,395mm ●全幅:1,610mm ●全高:1,385mm ●ホイールベース:2,640mm ●トレッド(前/後):1,370/1,365mm ●車両重量:1,120kg ●エンジン:S20型 (直6・DOHC、4バルブ) 1,989cc ●最高出力:118kW(160ps)/7,000rpm ●最大トルク:177N・m(18.0kgm)/7,000rpm ●サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム ●ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム ●:タイヤ6.45H-14-4PR

 

【スカイライン2000GT-R 1969JAFグランプリ優勝車仕様】

日産ヘリテージコレクション、スカイライン
●年式:1969年 ●型式:PGC10 ●全長:4,395mm ●全幅:1,610mm ●全高:1,385mm ●ホイールベース:2,640mm ●トレッド(前/後):1,370/1,365mm ●車両重量:980kg ●エンジン:S20型 (直6・DOHC、4バルブ) 1,989cc ●最高出力:154kW(210ps)/8,000rpm ●最大トルク:196N・m(20.0kgm)/6,000rpm ●サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム ●ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム ●:タイヤ475-10.00-14/475-11.30-14

 

【スカイライン2000GT-R】

4代目スカイラインとなった「ケンメリ」。ケンとメリーのスカイラインというCMからこの愛称がつき、市販車両の2000GTは人気モデルとして君臨した。
そのハイパワースペックバージョン、ツーリングカーレースへの参戦を視野にいれ開発されたのがこの2代目GT-R。しかし、レースへの参加が行われず、市販車としての販売も発売から4ヶ月で打ち切られ、200台足らずの生産となり幻のGT-Rと呼ばれている。
先代のGT-R(通称ハコスカ)より進化した機能は、4輪ディスクブレーキ採用や、吸気エアダクトの装着など明らかにグレードアップした性能が与えられた。
エクステリアデザインも、メッシュタイプのフロントグリルの採用、オーバーフェンダー、リアスポイラーが標準装備されるなど、”R”はハイスペックモデルの証として広く認知されるようになる。

日産ヘリテージコレクション、スカイライン
●年式:1973年 ●型式:KPGC110 ●全長:4,460mm ●全幅:1,695mm ●全高:1,380mm ●ホイールベース:2,610mm ●トレッド(前/後):1,395/1,375mm ●車両重量:1,145kg ●エンジン:S20型 (直6・DOHC) 1,989cc ●最高出力:118kW(160ps)/7,000rpm ●最大トルク:177N・m(18.0kgm)/5,600rpm ●サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム ●ブレーキ(前/後):ディスク/ディスク ●:タイヤ:175HR-14

 

【スカイライン2000GT-R レーシングコンセプト】日産ヘリテージコレクション、スカイライン

1972年の東京モーターショーに出展された「スカイライン2000GT-R レーシングコンセプト」。実戦投入されることはなかったが、強烈なインパクトを与えた。

 

【スカイライン2000GT-E-L】

1977年に発売された5代目スカイラインは、4代目「ケンメリ」の後期モデルから厳しくなった排気ガス規制をクリアするためにキャブレターからインジェクションへと変更したL20E型エンジンを搭載、型式はC210(翌年発売されたのはC211型)型へと変更された。
「ハコスカ」「ケンメリ」と歴代スカイラインが愛称で呼ばれていたこともあり、この5代目には広告キャンペーンの「SKYLINE JAPAN」からとった「ジャパン」の愛称がつけられている。
このジャパンからはリモートコントロールフェンダーミラーやヘッドランプクリーナー、オーバーヘッドコンソールなど先進的な装備が採用されている。

日産ヘリテージコレクション、スカイライン
●年式:1979年 ●型式:HGC211 ●全長:4,600mm ●全幅:1,625mm ●全高:1,390mm ●ホイールベース:2,615mm ●トレッド(前/後):1,370/1,350mm ●車両重量:1,190kg ●エンジン:L20E型 (直6・SOHC) 1,998cc ●最高出力:96kW(130ps)/6,000rpm ●最大トルク:167N・m(17.0kgm)/4,000rpm ●サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム ●ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム ●:タイヤ:185-70HR-14

 

【スカイラインH/T2000ターボGT-E・S】

6代目となるスカイラインは、R30型と型式が変更され、それが現在へと受け継がれている。1981年に発売された6代目スカイラインは、俳優ポール・ニューマンをイメージキャラクターに起用し、人気モデルへとなった。
エンジンはターボの先駆けとなった日産が作り出したL20ET型を搭載。最高出力145psをマークし、減衰力調整式ショックアブソーバーを量産車世界初で採用するなど話題性の高いクルマとなった。

日産ヘリテイジコレクション
●年式:1981年 ●型式:KHR30 ●全長:4,595mm ●全幅:1,665mm ●全高:1,360mm ●ホイールベース:2,615mm ●トレッド(前/後):1,410/1,400mm ●車両重量:1,160kg ●エンジン:L20ET型 (直6・OHC ターボ) 1,998cc ●最高出力:107kW(145ps)/5,600rpm ●最大トルク:206N・m(21.0kgm)/3,200rpm ●サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム(アジャスタブルショックアブソーバー) ●ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク ●タイヤ:195-70-HR14(ミシュラン)

 

【スカイライン2000ターボインタークーラーRS・X】

1985年まで生産された6代目R30型スカイライン。1983年にマイナーチェンジをうけ、そのフォルムから「鉄仮面」という愛称で親しまれた。
RS系はマイナー前からFJ20ET型を搭載したターボRSがデビューし、このモデルはマイナーチェンジ後のRS・Xだ。
205psをマークするFJ20型ユニットは、4気筒ながらツインカムエンジンの復活で、走りのスカイラインのイメージが再浮上。
このRS・Xは装備の面でも充実し、8ウェイ電動マルチバケットシートやパワーステアリング、パワーウインドーなどを装備している。

日産ヘリテイジコレクション
●年式:1984年 ●型式:DR30 ●全長:4,620mm ●全幅:1,675mm ●全高:1,385mm ●ホイールベース:2,615mm ●トレッド(前/後):1,420/1,410mm ●車両重量:1,235kg ●エンジン:FJ20ET型 (直4・DOHC) 1,990cc ●最高出力:150kW(205ps)/6,400rpm ●最大トルク:245N・m(25.0kgm)/4,400rpm ●サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム ●ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク ●タイヤ:205-60-R15 89H

 

【スカイライン4ドアH/T GTSツインカム24Vターボ】

1985年に発売された7代目スカイラインとなるR31型。新開発となるRB型直6DOHCターボユニットを搭載し、6気筒DOHCユニットが復活した。
このパワーユニットは、RB20DETを筆頭に6機種がラインアップ。GTSの名称は、1986年に発売された2ドアクーペから設定されたDOHC車専用のグレードだ。
このモデルにも世界初となる後輪操舵システム・HICASを採用。先進技術を生み出す日産の技術力を垣間見ることができる。

日産ヘリテイジコレクション
●年式:1986年 ●型式:HR31 ●全長:4,650mm ●全幅:1,690mm ●全高:1,385mm ●ホイールベース:2,615mm ●トレッド(前/後):1,425/1,420mm ●車両重量:1,400kg ●エンジン:RB20DET型 (直6・DOHCターボ) 1,998cc ●最高出力:132kW(180ps)/6,400rpm ●最大トルク:224N・m(23.0kgm)/3,600rpm ●サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム ●ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク ●タイヤ:205-60-R15

 

【スカイライン2000GTS-R】

1986年5月に発売された2ドアクーペ。GTSには速度上昇に伴い出てくるオートスポイラーを装備。ここでも革新的な技術力が披露された。
Rの復活か?とも言われたこのGTS-Rは、当時行われたグループAレース参戦のホモロゲーションモデルとして800台限定で発売。ターボチャージャーのタービンを交換するなどチューニングが施され、2リッターながら210psをマークしていた。

日産ヘリテイジコレクション
●年式:1987年 ●型式:HR31 ●全長:4,660mm ●全幅:1,690mm ●全高:1,365mm ●ホイールベース:2,615mm ●トレッド(前/後):1,425/1,420mm ●車両重量:1,340kg ●エンジン:RB20DET-R型 (直6・DOHC) 1,998cc ●最高出力:154kW(210ps)/6,400rpm ●最大トルク:245N・m(25.0kgm)/4,800rpm ●サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム ●ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク ●タイヤ:205/60R15

【スカイラインGTS-R ’88欧州ツーリングカー選手権出場車】

日産ヘリテイジコレクション1988年欧州ツーリングカー選手権(ETC)、スパ・フランコルシャン24時間レースなどに参戦したレーシングモデル。スパでは総合6位入賞を果たす。

 

【スカイラインGT-R】

8代目でとうとう、遂に、本当の”R”復活となったスカイライン。型式はBNR32。それゆえ、R32GT-Rと呼ばれる。
このR32GT-Rには、280psをマークする専用設計のRB26DETT型2600cc直6DOHCツインターボエンジンが搭載され、アクセルを目一杯踏み込んだ時の加速感は、まさに背中がシートに押さえつけられるような暴力的ともいえるフィーリングを味わうことができた。
その有り余るパワーを受け止めるべく、駆動方式は電子制御トルクスプリット4WDであるアテーサETSを採用。4輪マルチリンクサスペンションを採用するなど、まさに”R”にふさわしい動力性能を発揮し、絶大なる人気を獲得した!

日産ヘリテイジコレクション
●年式:1989年 ●型式:BNR32 ●全長:4,545mm ●全幅:1,755mm ●全高:1,340mm ●ホイールベース:2,615mm ●トレッド(前/後):1,480/1,480mm ●車両重量:1,430kg ●エンジン:RB26DETT型 (直6・DOHC) 2,568cc ●最高出力:206kW(280ps)/6,800rpm ●最大トルク:353N・m(36.0kgm)/4,400rpm ●サスペンション(前/後):マルチリンク/マルチリンク ●ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク ●タイヤ:225/50R16 92V

【カルソニックスカイライン’90 JTC #12】

日産ヘリテイジコレクション

日本一速い男の異名をもつ「星野一義」選手が全日本ツーリングカー選手権で駆っていたチャンピオンカー・カルソニックスカイラインGT-R。コーナーでの豪快な片輪走行は、見るものをアツくさせた。最高出力550pをマーク。

 

日産ヘリテージコレクション・見学プログラム
●実施日:カレンダーにて確認
●見学時間:AM10:00〜PM12:00  40名様まで
      PM14:00〜PM16:00  40名様まで
●見学対象:中学生以下は保護者の引率が必要
●見学テーマ:日産の80年の歴史/日産の技術の歴史/日産のデザインの歴史
●見学内容:ビデオ上映・説明約20分/ガイド形式での記念庫見学約25分/自由時間45分/アンケート記入5分 ※見学内容は予告なく変更になる場合あり
●申し込み:下記アドレスの応募フォームより受付。先着順。
※見学、見学予約に関して注意事項があるので、詳細内容を日産ヘリテージコレクションのホームページでご確認ください。
日産ヘリテージコレクション
問い合わせ:日産自動車株式会社 座間事業所 座間統括課 TEL046-298-4355
受付時間:月〜金 AM10:00〜PM16:00(PM12:30〜PM13:30を除く)