軽量ボディで攻めるレーシングTYPE1「VW 1303 RS」、フラット4の凄さを見た


空冷ビートルで手の入ってない箇所は
ボディカラーくらい!?

カーボンパーツを多用したボディワークと排気量をアップしたタイプ4用エンジンでレーシーに仕上がったタイプ1をドイツで発見。ストイックなまでの作り込みが光る空冷レーシングビートルを紹介しよう。

ビートルはいつの世代でもオーナーに強く愛されている。
特に空冷時代の”タイプ1″は、徹底的に新車時の状態を貫いているご神体のような個体もいれば、アメリカに渡ってキャルルックをまとった個性的な車両もある。日本でも”タイプ1″愛好者は多く、休日になるとミーティングが開かれていたり、得意とするショップにはオーナーが絶えず集まる。
そんな偉大な”タイプ1″を生んだドイツ本国はといえば、オリジナル派からカスタム派まで幅広くいるようだが、今回出会ったのは過激なチューンドモデル。スポーティなショートシフターをリリースする「CAE」の取材中に紹介された個体だ。フォルクスワーゲンビートル、フラット4、VW、空冷エンジン、1303、ビートルガレージを訪れると、木製のドアが開かれており、そこにはマラソン・ブルー・メタリックの”タイプ1″が収まっていた。壁面は工具やパーツがギッシリと、絵に描いたようなガレージライフだ。
撮影のために車両を出して欲しいと告げると、オーナーはケーブルを繋いでエアをパージしてジャッキダウン。そう、この車両はサンデーレースを楽しむためのレーシングカーで、なんとエアジャッキが備わっていた。
撮影の位置決めのため2人の大人で手押ししたが、とくに力んでいる様子もなし。訊けば、ビスで外せるボディパネル(フロントフード/エンジンフード/フェンダー/ドアなど)はすべてカーボン製で、徹底した軽量化が施されていた。その重量は790kgという。フォルクスワーゲンビートル、フラット4、VW、空冷エンジン、1303、ビートル“タイプ1″としては決して軽量とは言えないが、”タイプ4″の1.8ℓをベースに2.6ℓまで排気量を上げてドライサンプ化したエンジンを積んでいることを考えれば納得。
パワーは212hp、0〜100㎞/h加速は5.5秒、最高速は204km/hというから、その実力はスポーツカーも真っ青の本格派・空冷レーサーなのだ。
その肢体を見れば、ビルシュタイン製の車高調で制御された車高に、『エイボン』のレーシングスリックと鈍いゴールドに輝く『BBSレーシング E49』がピタリと収まる。オーバーフェンダーは太いタイヤを収めるためというよりも、トレッドを広げてコーナリングスピードを上げるためのようだ。

 

フォルクスワーゲンビートル、フラット4、VW、空冷エンジン、1303、ビートル
週末はサーキットで全開。800㎏を切る車重に200馬力越えのエンジンを積んでいるのだから、楽しくないはずがないのだ!

そして、ドアを開くと再び驚きが待っていた。
インテリアパネル(ダッシュボード/ドアパネル/フロアカバー)はカーボン製であり、ディープコーンのステアリングの奥に鎮座しているメーターは『スタック』、フルバケットの『レカロ』シートに4点式ハーネス、フルロールケージと、装備すべてがレーシーである。
フロア中央に直立しているのは『CAE』製のショートシフター。全身に渡って徹底的にチューニングが施されており、手が入っていない場所はほぼない様子だ。唯一のノーマル部分はボディカラーとブレーキランプくらいなもの。
空冷ビートルはネオクラではなくすっかりクラシックの領域だが、今のクルマに混じっても突き抜けた存在感を放っている。

フォルクスワーゲンビートル、フラット4、VW、空冷エンジン、1303、ビートル

[SPEC]
エクステリア
カーボンボディ換装/オーバーフェンダー
インテリア
カーボンダッシュボード/スタック・メーター/CAEウルトラシフター/ヘルゴ・アルミニウムロールケージ/レカロ・バケットシート
フットワーク
BBSレーシング(9.0J:10.5J×16インチ)/エイボン・レーシングスリック/ビルシュタイン車高調/エアジャッキ
チューニング
2.6ℓエンジン換装/ドライサンプ化/ZF LSD/APレーシング4ポッドブレーキシステム

 

[リポート:オートファッションimp編集部]