輸入車エアロで培ったデザイン思想を「C-HR」へ投入したボディキット


国産車用初のボディキット「アルマ」
アゲ系にもハマるオバフェンも設定

ポルシェ・パナメーラにメルセデス、さらにはマセラティ・クワトロポルテ。そんなそうそうたる車両にボディキットを展開してきた『フェアリーデザイン』が、初となる国産車用エアロを発表した。
新ブランド、「アルマ」だ。記念すべき第1弾に選ばれたのは、今が旬のトヨタC-HR。LEDデイライトを備えたフロントハーフスポイラー、サイドスカート、リアディフューザー、マフラーカッターという構成で、純正の生かせるところは生かしつつ、ガラリと印象を変えられるフィニッシュとなる。そしてなによりも注目なのが、前後オーバーフェンダーの設定だ。スマートな街乗りローダウンには間違いなくハマるし、黒系で塗り分ければタフなアゲ系カスタムでは武器となりそうだ。フェアリーデザイン C-HR エアロ アルマ

純正バンパー下部の樹脂パーツと交換して装着できるフロントハーフスポイラー。
エッジの効いた2本の立体リブラインが走る躍動的な造形が特徴で、切り上げた中央ボトム部は別体リップ風に造形される。フォグランプは純正を流用可能。フェアリーデザイン C-HR エアロ アルマ

フロントバンパー両端に備わる、純正樹脂パネルと交換する方式のLEDキットもスタンバイ。両端にはデイライトが埋め込まれ、洗練されたフェイスに。フェアリーデザイン C-HR エアロ アルマ

リアはディフューザー部のみとし、純正の造形を生かせるスマートなデザインに。立体的なジェネレーターフィンにスリットが刻まれるのが個性的で、印象も大きく変えられる。フェアリーデザイン C-HR エアロ アルマ

純正バンパーのカットは必要となるが、センター部にはスーパーカーのようなマフラーカッターが装着可能。リアデュフューザーに付属。フェアリーデザイン C-HR エアロ アルマ

細長く縦に走るLEDデイライトは面発光仕様。スポイラーに付属するLEDはダクト内に設置したスポット発光となる。純正流用できるフォグランプ、デモカーには「ヴァレンティジャパン」製を装着。フェアリーデザイン C-HR エアロ アルマ

オーバーフェンダーは前後とも片側40mmのワイド化が可能。上部では張り出しが強めだが、下部へ向かうにつれてボリュームが抑えられる設計で、ボディラインとのバランスも上々。両面テープでの貼り付け+ビス留めで固定する。

 

アルマ C-HR
□フロントハーフスポイラー ¥129,600
□サイドスカート ¥43,200
□リアディフューザー ¥129,600
□オーバーフェンダー ¥216,000
□LEDキット ¥37,800

 

フェアリーデザイン TEL075-493-2410
http://www.fairy-design.jp

画像ギャラリー