東京オートサロンにて”JADE RS”のコンセプトモデル、公開へ

東京オートサロンにて”JADE RS”のコンセプトモデル、公開へ

「Honda」が出展概要を発表、
カスタマイズの可能性を提案

「Honda(ホンダ)」は、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018(1月12日〜14日)」にて、四輪車、二輪車、モータースポーツ競技車両を出展。
さまざまなカスタマイズの可能性を提案するとともに、モビリティの楽しさやモータースポーツの魅力を伝える。ホンダ honda 東京オートサロン2018 ジェイドRS N-ONE RS NSX

四輪車は、先立っての東京モーターショーで先行公開した「CR-V」にくわえ、「JADE RS」をコンセプトモデルを公開。
来年発表予定となる5代目「CR-V」は、”SPORT HYBRID i-MMD”搭載のFF車と4WD車を設定。
先進の安全運転支援システムの採用や、3列シートをガソリン車に設定するなど、安全性と使い勝手を向上させた。ホンダ honda 東京オートサロン2018 ジェイドRS N-ONE RS NSX

そして、来春マイナーモデルチェンジ予定の「JADE RS」をベースにしたコンセプトモデル。スポーティなキャラクターを与えた”RS”を、ホンダがどう調律してくるのか楽しみである。ホンダ honda 東京オートサロン2018 ジェイドRS N-ONE RS NSX

 

また、コンプリートカー「FREED Modulo X」や、マイナーチェンジで追加された「N-ONE RS」など、発表されたばかりの新型モデルも注目。

さらにインディ500にて、佐藤琢磨選手(Andretti Autosport)が日本人として初優勝を遂げたマシン「Dallara DW12」や、「NSX GT3」など、モータースポーツ競技車両も見どころ。
そして、来年度の「TCR」ツーリングカー選手権に参戦すべく揮発されたレーシングカー「シビック TCR」もナマで見ることができる。なお、1月12日(金)は、10:30より「Honda」ブースにおいて、2018年シリーズにおけるSUPER GTの体制も発表。ホンダ honda 東京オートサロン2018 ジェイドRS N-ONE RS NSX

Hondaブースで展示される4輪車は以下の通りだ。

 

Hondaブース・出展車両
【四輪車】
<コンセプトモデル>
CR-V CUSTOM Concept
JADE RS CUSTOM Concept
STEP WGN Modulo X Concept
S660 Modulo X Concept
MUGEN RC20GT CIVIC TYPE R Concept
<市販予定車>
JADE RS
<参考出展車>
MUGEN CIVIC HATCHBACK Prototype(無限用品装着車)
<市販車>
NSX
CIVIC TYPE R
N-ONE RS(用品装着車)
FREED Modulo X
<競技車両>
Dallara DW12 26号車
NSX GT3
CIVIC TCR
全日本スーパーフォーミュラ選手権:TEAM MUGEN SF14 15号車、16号車
SUPER GTシリーズ GT500クラス:MOTUL MUGEN NSX-GT 16号車、KEIHIN NSX-GT 17号車

 


画像ギャラリー