盗まれたナンバープレートが犯罪に使われる!ネジをカバーして盗難対策

盗まれたナンバープレートが犯罪に使われる!ネジをカバーして盗難対策

アルミ製カバーでナンバー固定用ボルトを
強固にガード「ナンバープレート匠ネジ」

2017年4月に福岡県で発生した3億8000万円の現金強奪事件で、犯人はミニバンで逃走した。
警察は逃走車の所有者を調べるためナンバープレートの照会をかけたのだが、そのナンバープレートは他車から盗難されたものだったのだ。このほかひったくり事件などでも捜査を混乱させるために、ナンバープレートが盗難される例が後を絶たないという。
そんな被害に遭わないために有効なのが、ナンバープレートを固定するネジをカバーする「愛工房」の『ナンバープレート匠ネジ』だ。
ナンバーロック愛工房」の『ナンバープレート匠ネジ』は、前後3本のネジ(ナンバーを固定するネジは4本あるが、1本は封印されている)を写真のようにカバー。
アルミ製のカバーは、腐食しにくいアルマイトメッキを施し、カラーは黒、赤、青、シルバーの4色を設定する。厚さは9mmとなっているので車検にも対応している。ナンバーロック

この『ナンバープレート匠ネジ』の最大の特徴は、ナンバーを固定するネジをカバーする六角ボルトが通常の六角レンチセットには付属していない2mmサイズであることだ。
さまざまな工具を持ってるナンバープレートの窃盗犯でも、このサイズのレンチはなかなか持ち合わせていないだろう。ナンバーロック『ナンバープレート匠ネジ』には、ナンバープレートを固定するネジ3本、カバーとその台座部分が3組み、カーボン調の化粧プレートシール3個、2mm六角レンチがセットになっている。価格は8500円(税込・送料込み)。

装着は、まずは付属のネジを台座部分に通してナンバープレートを固定する。
ナンバーロック続いてカバーを被せて、2mmの六角ボルトを締め込む。ナンバーロック下の写真のようにナンバープレートの固定用ネジは、カバーと台座部分にサンドイッチされて六角ボルトで固定されている。このカバーを外さないとナンバープレートを固定しているネジは外せない。ナンバーロックナンバープレートを固定するネジ1本に対して、カバーを止める2mmの六角ボルトは6本もある。前後のナンバープレートで計18本もの六角ボルトを締めなければならないため、ハッキリいって取り付けは面倒くさい。
だが、ナンバープレート窃盗犯にとってもその手間の多さは同様で、仮に2mmの六角レンチを持ち合わせていても外すのに時間が掛かるため盗むのを諦めることだろう。ナンバーロックちなみに、ナンバープレートを固定するネジの頭を車検対応の厚さ9mmという限られたスペースで覆えるように凹みを付けるのが難しかったそうだ。

ナンバーロック最後にカバー中央には化粧プレートシールを装着して作業は終了。
ちなみに化粧プレートはカーボン柄のほか旧トヨタマークも用意する。ナンバーロック質感の高いアルマイトメッキ仕上げとなっているので、ナンバープレートまわりのドレスアップ効果も十分に期待できるところも大きなポイント。ナンバープレートの盗難からオシャレに守れるアイテムだ。

愛工房 TEL048-998-8899  http://www.megumikobo.jp/

 


画像ギャラリー