日本で唯一の200万円台FRセダン「マークX」は優秀なドライバーズカー (1/3ページ)

日本で唯一の200万円台FRセダン「マークX」は優秀なドライバーズカー

希有な存在となった国産FRセダン
ミドルクラスは2車しか存在しない

現在、新車で販売されている国産FR(後輪駆動)ミドルセダンは、なんとトヨタ・マークX、日産スカイラインの2車種のみ。このほかの国産ミドルセダンは、すべてFF(前輪駆動)となっている。
そんな希有な存在となっているマークXだが、車両本体価格は2.5リットルV6エンジンを搭載するベーシックモデルが265万6800円。意外にもリーズナブルな価格で、世界の高級車が採用するFRレイアウトを手に入れられる注目の一台といえるだろう。マークX

実は、ロールスロイスなどを代表とする世の中の高級セダンのFR率は実は高い。
FRは前輪で操舵、後輪が駆動と役割分担をしているため、クルマが効率良く動き、自然なステアリングフィーリングを得られるのが特徴だ。
一方FFは、前輪が操舵と駆動を兼任しているため、エンジンからの振動がハンドルに伝わりやすい。さらに前輪タイヤのグリップ力(摩擦円)は曲がるためと進むための両方を担わないとならないため、FRに比べるとかなり不利だ。FFはアンダーステアが強いというのは、こういう物理的な部分も一つの理由なのである。
そのほか、FRはエンジンを縦置きするため、横置きするFFに比べてサスペンションレイアウトの自由度が高くなっている。これもハンドリング性能が高くできる要素になっている。マークXとはいえ、現在の国産ミドルセダンはスペース効率に優れるFF車が主流。トヨタでいえばカムリがそれ。さらにクラウンというFRセダンの上位モデルが存在するなど、正直なところマークXに対する市場からの反応はやや希薄になっているのも事実だ。

そんなマークXだが、現行モデルの130系が登場したのは2009年。2016年11月に2度目のマイナーチェンジを果たし、2017年にはスポーティなGRを追加。決して進化の手を緩めているわけではない。マークX

搭載エンジンは3.5リットルV6と2.5リットルV6と2タイプを設定。グレード体系は3.5リットルはRDSとRDS”GRスポーツ”の2種類。2.5リットルはスポーティなRDS、S、S”GRパッケージ”、ラグジュアリーなG、ベーシックグレードのG”Fパッケージ”の5グレードを設定する。2.5リットルエンジンのSとGには4WDも設定されている。トランスミッションは全グレード6速ATだ。
ハイブリッドモデルをラインアップしないところが、やや時代を感じさせるところだ。マークX

今回試乗したのは2.5リットルエンジンを搭載する250RDS。18インチホイールやリヤスポイラー、パドルシフトなどスポーティなアイテムを標準装備する。車両本体価格は343万4000円。ベーシックモデルの250G”Fパッケージ”に比べると80万円弱高い。豪華な内装など価格差相当の違いはあるが、ホイールやエアロを替えるのが前提なら250RDSではなく250G”Fパッケージ”を選択すると良いだろう。

今回の試乗ルートは東京〜大阪往復約1200km。以前も同じルートで2リットル直4ターボを搭載するトヨタ・クラウンアスリートG-T(車両本体価格540万800円)を試乗していたので、その違いもチェックすることができた。

試乗車はオプションのアルカンターラと合成皮革を装着。RDSはフロントは両席共にパワーシートを採用。
クラウンに比べるとスポーティな形状になっている。

【↓次ページに続く↓】


画像ギャラリー