トヨタ・レクサスのセダン乗りに朗報! 「AVS」機能を活かせられる車高調が発売へ


テインが開発した”AVS対応”モデルは
変化幅も大幅にアップできる!

近年のセダンは、機能性が非常に進化している。例えば トヨタ・210系クラウンやレクサス・40系LSなどに採用されるAVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システム)は、走行状況に応じてショックアブソーバの減衰力を自動的に最適化。さまざまなシーンで、快適な乗り心地と優れた操縦安定性を保つ優れた純正機能だ。しかし、車高調など社外のサスペンションに交換すると、AVSのアクチュエータを付けることが不可能。すなわち、その機能を失うことになってしまう。
そんななか、ローダウンは諦められないという人に向けて「テイン」が立ち上がった。このAVSに対応した車高調『フレックスAVS』の開発に成功したのだ。テイン、TEIN、FLEX、AVS対応、車高調、レクサス、クラウン注目はアッパーマウント。中央にアクチュエータブラケットを採用し、純正のAVSアクチュエータの装着を可能に。アクチュエータを車高調側のAVSニードルに接続することで、アクチュエータの作動角内で車高調の減衰力調整ができる。また、AVSの変化幅は純正サスペンションの2.6倍となり、ローダウンだけでなく大幅にアップした機能性まで確保させた。
もうひとつのウリは、「H・B・S(ハイドロ・バンプ・ストッパー)を搭載したこと。従来のアブソーバでは、走行中にバウンドしてバンプラバーに当たった時の衝撃が大きく、クルマの挙動を乱す要因となっていた。だが、その衝撃をアブソーバ内で熱エネルギーに変換して吸収。高級セダンに相応しい、しなやかな乗り味を約束する。テイン、TEIN、FLEX、AVS対応、車高調、レクサス、クラウン

 

ブラケットの上に付いているのがAVSアクチュエータ。装着車両の210系クラウン・アスリートでは、9段階の減衰力調整が可能に。テイン、TEIN、FLEX、AVS対応、車高調、レクサス、クラウン

 

ブラケットやスプリングの色は、「テイン」を象徴するグリーン。
構造は乗り心地を変えずに落とせる全長調整式で、ネジ部は耐食性と潤滑製に優れた独自のコーティング”ZTコート”を採用する。

 

テイン、TEIN、FLEX、AVS対応、車高調、レクサス、クラウン

テイン・フレックスAVS ¥194,400〜

対応車種:18/200/210クラウンアスリート(ロイヤルは200系のみ)、120/130マークX、レクサス40LS、レクサス19/10GS、レクサス30IS、レクサス10RC、レクサス10RC F

 

テイン TEL045-810-5501
http://www.tein.co.jp

画像ギャラリー