「ウェッズ」の新作ホイールをイチ早く!! 2018年モデルを独占公開


クレンツェ、マーベリック、レオニス……
名だたる「WEDS」最新モデルは”東京”にて

「東京オートサロン」や「大阪オートメッセ」など、年明けに行なわれる一大カスタマイズショーは、ドレスアップ&チューニングカーの展示だけでなく、アフター向けの新作パーツが発表される場でもある。
なかでもカスタムに欠かせないホイールは、数多くの2018年モデルがお披露目。今後の流行を占う意味でも欠かせない最新作を、ひと目見ようと数多くのフリークが訪れる。
そんななか、ホイールメーカー「WEDS(ウェッズ)」が来年度に発売される新作を、AMW読者に向けてイチ早く公開してくれた。その高いデザイン性やフィニッシュは、これまでも多くのトレンドを築き上げてきた名門。そんな彼らが手がけた、超ホットな2018年モデルをお見せしよう。

 

【Kranze Weaval】

「クレンツェ」の2018年度イヤーモデルとして発表される『クレンツェ・ウィーバル』。
躍動が薫るメッシュスポークと、シェイプされた鋭いY字スポークとを重ねたような3D造形は、まさにクレンツェの真骨頂といったところ。手織りの布のようなやわらかさや繊細さ、温かみが宿ったエレガントな造形には、独特の世界観が宿る。
もちろん、優越の3ピース構造。高級車のプレミアム感を加速させる22インチも用意されるという。ウェッズ WEDS 2018 クレンツェ マーベリック レオニス 東京オートサロンクレンツェ・ウィーバル(設定予定サイズ:19〜22インチ)

 

【Kranze EVITA Klein Form】

芸術的な「クレンツェ」の遺伝子を継承し、コンパクトカー&軽自動車向けに展開する「クラインフォルム」。年明けにデビューする『クレンツェ・エヴィータ クラインフォルム』は、クレンツェらしい三次元デザインを駆使した、2ピース構造の8交点メッシュだ。
センター部に向かってY字の切断面が伸びる、3Dなセンター形状が持ち味。また、スポーク側面部にリブを配し、センター部を凹形状とするなど、随所に躍動的な意匠が添えられる。限られたサイズのなかで得られる圧倒的な存在感は、2018年でも健在。ウェッズ WEDS 2018 クレンツェ マーベリック レオニス 東京オートサロン

クレンツェ・エヴィータ クラインフォルム(設定予定サイズ:16〜17インチ)

 

【Kranze Weaval 100EVO】

クレンツェの来季イヤーモデル「ウィーバル」を、モノブロック(1ピース構造)へとスピンオフした『クレンツェ・ウィーバル100エボ』もデビューを果たす。
曲線と曲面とで構成した温かみある印象を宿した「ウィーバル」を元に、スポークはリムフランジまで到達させた”足長デザイン”の武器をプラス。モノブロック化に伴ってラインや曲面は微調整し、フェイスの起伏はサイズごとに修正。”エボ”がもたらす視覚的なインチアップ効果は、言うまでもなし。ウェッズ WEDS 2018 クレンツェ マーベリック レオニス 東京オートサロン

クレンツェ・ウィーバル100エボ(設定予定サイズ:18〜22インチ)

 

【MAVERICK 1010S】

ハッとさせる意匠をさりげなく添えつつ、シンプル美を主張する2ピース構造ブランド「マーベリック」。その2018年モデルには、直線基調とした10本のスポークモデル『マーベリック1010S』がドロップされる。センターパートでの落とし込みや、スポークサイドは段差を設けて細く見せるなど、立体的かつ軽快感に満ちたシルエットを実現。
真摯にシャープな印象を宿すデザインは、どんなスタイルにもハマりそうな予感だ。ウェッズ WEDS 2018 クレンツェ マーベリック レオニス 東京オートサロン

マーベリック・1010S(設定予定サイズ:18〜21インチ)

 

【LEONIS GREILA-β】

デザインやカラーに特殊技術を投入し、他の追随を許さない1ピース専門ブランド、「レオニス」。
なかでも「グレイラ」は視覚的な驚きと高級感を一義とする、より”魅せる”に特化したシリーズだ。そんなグレイラの第3弾『レオニス・グレイラβ』は、レオニスのアイコンでもある翼断面スポークと、大胆なクワ型スポークとをクロス。さらにヒネリも加えてフィニッシュするという、まさにアーティスティックな佇まいを手に入れた。ウェッズ WEDS 2018 クレンツェ マーベリック レオニス 東京オートサロン

レオニス・グレイラ ベータ(設定予定サイズ:15〜20インチ)

 

【LEONIS SK】

カギ状の切削部分と、長く躍動的なツインスポークとは、中世の神話に登場する南京錠と鍵の形状から着想。交互に交差させることで、独特の立体感と世界観とを実現したのが『レオニスSK』である。
その名は次代を開く”秘密の鍵=シークレットキー”の頭文字から命名。レオニスの象徴である非対称デザインはあえて封印し、シンメトリーなデザインで描かれるのも特徴だ。ウェッズ WEDS 2018 クレンツェ マーベリック レオニス 東京オートサロンレオニス・エスケー(設定予定サイズ:15〜20インチ)

 

 

「ウェッズスポーツ」にも新作、デビュー!!

ウェッズのスポーツホイールブランド「WedsSport」からも新作『SA-77R』がドロップされる。
端正な2×7デザインを持つスポークは、極限までにシェイプされた軽快感が持ち味となり、ブラックを基調とした精悍な1本に。リムフランジ奥へ鮮やかなブルークリアを配した”ブルーライトクローム”と、切削とブラッククリアとのコンビで硬派な印象を持たせた”ウォースブラッククリア”の2色を予定する。

これまでも卓越したデザインとフィニッシュで、ワンランク上のスタイルアップを実現してきた「ウェッズ」。2018年、また新たなトレンドを放ってくれそうだ。

なお、これらの新作は「東京オートサロン2018(1月12〜14日/千葉県・幕張メッセ)」にて公開される。

 

ウェッズ TEL03-5753-8201
http://www.weds.co.jp

画像ギャラリー