骨さえあれば甦る!R32GT-R用カーボン製ワイドボディキットがスゴイ!!

外板パーツすべてをカーボン製でキット化
片側40mmワイドで理想のフォルムを実現

登場から30年を経過しようとしている日産R32型スカイラインGT-R。錆などによるボディの傷みに悩んでいるオーナーも多いはず。
東京オートサロン2018(千葉県幕張メッセ)に出展していた「ガレージアクティブ」は、R32型スカイラインGT-R用に向けてカーボン製ワイドボディキットをリリース。前後フェンダーのみならず、ルーフやボンネットなど、すべての外板パーツをラインアップしてきたのである。gt-r

まだまだ現役と思っているR32型GT-Rも登場から30年。リヤフェンダーやサイドシルなどを代表とするボディ各部に発生する錆に悩まされているオーナーは多い。しかも、フロントフェンダーなど製廃されたパーツも多くなっている。ニスモヘリテージプログラムが発表されたが、まだ再生産がされていない外板パーツも多々ある。gt-r

「ガレージアクティブ」がリリースするR32型スカイライン用ボディキットは、ボディサイズ、ボディライン、ホイールサイズ、スタイリングすべてに拘り製作。片側40mmのワイド化によって、同社が理想とするバランスの良いフォルムを実現している。
gt-r

さらに驚きなのが、前後フェンダー、前後バンパー、リヤコンビネーションランプのベゼル、ルーフパネル、ドア、サイドスカート、リヤウイングなど、外装パーツすべてを用意していることだ。
すべてカーボン(ウェット)製なので、トータルすればボディの軽量化も実現する。
ガレージアクティブの代表によると「シャーシさえあれば、外板がボロボロになっていても復活させられる」とのこと。gt-r

展示してあったブルーとガンメタのR32型スカイラインGT-Rは、光の加減でカーボンの織り柄が見えるというニクイ演出もされていた。gt-rちなみに価格はフルキットで350万円(税別)。前後バンパー&ワイドフェンダーなどで構成されるセミキットは218万円(税別)。
確かに高価ではあるが、欠品しているパーツを板金などで復活させるなどする費用と比較すると、選択肢の一つに入れることはできるはずだ。


画像ギャラリー