C-HRは上げ or 下げ? SUVメイクの新生が異なる2スタイルを提案

ドレッシーな「アーバン」に引き続き、
タフに薫る「クロスロード」が完成

SUVに特化したエアロパーツメーカーの新星、「ビヨンド」。
その第1弾となるトヨタC-HRでは、ローダウンスタイルにハマるドレッシー系シリーズ「アーバン」を先行販売していた(写真左)。
今回、アクティブスタイルに向けた「クロスロード」を新設定(写真右)。前作とはまったく異なる、アゲ系のオフロードテイストとなる新シリーズは、4WDカスタムの定番、スキッドプレートを模したデザインを採用しつつ、サイズも純正同等に抑えるなど、走破性を熟慮した設計となっている。
ボトムまわり3点のほか、フェンダーも新たに開発。乗り心地を熟慮したアップコイルや、一部にカーボンも採用したマフラーなど、「クロスロード」専用のサブアイテムも加わった。C-HR マック ビヨンド BEYOND エアロ

ローダウンスタイルにマッチする「アーバン」がコチラ!

C-HR マック ビヨンド BEYOND エアロトレンドも意識したボディチューンが楽しめる「アーバン」は、ドレスアップ性を重視した意匠。同じハーフ形状の交換タイプだが、雰囲気はまったく別モノとなる。

 

上げ系の「クロスロード」には専用デザインを投入

C-HR マック ビヨンド BEYOND エアロ

 

ハーフ形状となるフロントスポイラーは、オフ系SUVに多いスキッドプレート風のデザインを採用。純正同等サイズでビギナーにも安心だ。C-HR マック ビヨンド BEYOND エアロ

 

写真のダクトガーニッシュは純正バンパー用。モデリスタ製「ブーストインパルス」に対応するモデルも展開予定。C-HR マック ビヨンド BEYOND エアロ

 

フラットな突起を加えたサイドステップは、純正交換で装着可能だ。
また、貼り付け式のクォーターパネルには、カーボン仕様も設定。

リアディフューザーもフロントリップと合わせた意匠に。純正フォグが生かせ、4本出しマフラーは存在感のあるカーボン仕様となる。C-HR マック ビヨンド BEYOND エアロ

 

アップコイルはガソリン車で20〜30mm、ハイブリッド車で30〜40mmのリフトアップ。純正ダンパーとのマッチングを優先したセッティングで、手軽に車高アップできる。C-HR マック ビヨンド BEYOND エアロ

 

そして、ボディをマッシブに彩るオーバーフェンダーは、「クロスロード」専用として新開発。
「アーバン」が片側20mm対し、こちらは片側30mmワイド。スパルタンな魅力を底上げるリベット風の細工も備わった。C-HR マック ビヨンド BEYOND エアロ

 

 

BEYOND X-ROAD C-HR
フロントハーフスポイラー(未塗装/塗装済) ¥59,400/¥83,160
サイドステップ(未塗装/塗装済) ¥71,280/¥95,040
リアハーフスポイラー(未塗装/塗装済) ¥59,400/¥83,160
オーバーフェンダー(未塗装/塗装済) ¥83,160/¥106,920
フロントダクトガーニッシュ *LED付属(未塗装/塗装済) ¥47,520/¥59,400
リアリフレクターガーニッシュ(未塗装/塗装済) ¥23,760/¥35,640
クォーターピラーダクト(未塗装/塗装済) ¥35,640/¥47,520
マフラー(カーボンテール) ¥172,800

 

ビヨンド TEL0296-57-5155
http://beyond-suv.com


画像ギャラリー