【2018年に買うべきドライブレコーダー9選】高解像度化&GPS搭載で納得のコスパを実現!「Owltech」

スッキリとした装着を実現する
専用ブラケットにも注目したい

フルHDを超える高解像度な記録(2304×1296/27.5fps)を実現した、「オウルテック」の最上位モデル『OWL‒DR06』。アッパーミドルの価格帯として高いコストパフォーマンスが最大の魅力だ。
モニターは2.7インチで、操作部を本体上部と左サイドに配置。GPSレシーバー取付用マウントに備えることで、本体のスリム化に成功している。また、電源ケーブルをマウント側に入力することができるため、コードが見える距離が短く、取り付けたときの見栄えはかなり良好。マウントの剛性も高く、振動に対しても極めて強かった。オウルテック ドラレコ ドライブレコーダー OWL DR06-BK おすすめ 2018画質は精細感が強く、しっかりとしたコントラストによる落ち着いた映像で再現。スーパーHD画質を実現し、対向車のナンバーや周囲の風景も鮮明に映し出すだけの能力を備える。東西の電源周波数にも対応を果たし、LED信号が消える現象も対策済みだ。オウルテック ドラレコ ドライブレコーダー OWL DR06-BK おすすめ 2018GPSへの対応は日時や位置情報を自動的に設定できるという意味でも今や必須の機能。本機もその対応を果たし、PC上で専用ビューアーソフトを介した展開が可能となった。ソフト自体がまだこなれていない感があるが、撮影した場所が地図上ですぐに把握できるのはありがたい。
しかも、駐車監視機能は内蔵バッテリー最大5日間まで待機できる能力も魅力である。

 

F1.8の明るいレンズで夜間も鮮明に

↓【日中画像例】↓オウルテック ドラレコ ドライブレコーダー OWL DR06-BK おすすめ 2018

昼間のクリアさはもちろんのこと、明るいF1.8のレンズと黒ツブレや白飛びを補正する”WDR機能”を搭載。夜間でも鮮明な映像を記録する。
↓【夜間画像例】↓オウルテック ドラレコ ドライブレコーダー OWL DR06-BK おすすめ 2018

 

音声は「ここぞ」というときだけ! プライバシーオート録音機能

普段の運転中の会話が録音されるのは、意外に恥ずかしいもの。衝撃検出時のみ音声録音を行なうプライバシーオート録音機能を使えば安心だ。オウルテック ドラレコ ドライブレコーダー OWL DR06-BK おすすめ 2018

 

モーションセンサーで駐車時のセキュリティ用にも使える

動いたものを感知する”動体検出録画”、振動を検出する”振動検出録画”も可能。駐車時にセキュリティ用として使えるのも『OWL‒DR06』の長所である。オウルテック ドラレコ ドライブレコーダー OWL DR06-BK おすすめ 2018

 

ブラケット側にGPSを収めることで、ドライブレコーダー本体はスマートに仕上がった。配線関連もスッキリと美しく処理できる。オウルテック ドラレコ ドライブレコーダー OWL DR06-BK おすすめ 2018

 

メニュー構成に慣れるまで少し時間を要しそうだが、GPSの搭載や画質のよさを含めたコストパフォーマンスの高さは抜群。『OWL‒DR06』は、まさかのアクシデントに心強さを感じさせる一台と言えるだろう。

 

Owltech OWL-DR06-BK(価格オープン/市場想定価格1万4630円)
□記録媒体:マイクロSDHCカード(16~32GB)、マイクロSDXCカード(64GB)

有効画素数約310万画素
画角水平113度/垂直60度/対角135度
記録解像度スーパーHD(2304×1296)/
フルHD(1920×1080)/HD(1280×720)
後方用カメラ×
駐車時録画
GPS
Gセンサー
ディスプレイ2.7型
フレームレート(fps)27.5
外形寸法 W×H×D(mm)88×48×33

(●装備 ▲オプション対応 ×設定なし)

 

フルHD対応、コンパクトボディの実力派

【OWL-DR04-BK】
オウルテック ドラレコ ドライブレコーダー OWL DR06-BK おすすめ 201862(W)×63(D)×28(H)mmのコンパクトボディに、2.4インチ液晶を搭載。
156度の広角レンズにより、広範囲を記録するのが『OWL-DR04-BK』。1920×1080の”フルHD録画”、明暗差の大きいシーンでも見やすい映像を実現する”HDR”、Gセンサー連動で音声録音する”プライバシーオート録音”、”LED信号対応”など、充実の機能を誇る。価格オープン。

 

オウルテック TEL046-236-3522
http://www.owltech.co.jp


画像ギャラリー