ハイレゾ試聴とVRで最新「サイバーナビ」が体験できる【大阪オートメッセ2018】

高音質なサウンドを奏でるAVナビゲーション

2月10〜12日に大阪市インテックス大阪で開催されるカーカスタマイズの祭典「大阪オートメッセ2018」にパイオニアがカロッツェリアブース(2号館)を展開する。
注目は、ネイティブ・ハイレゾ再生を実現する最新の『サイバーナビ』。その高音質なサウンドを実車で試聴できるだけなく、卓越したナビゲーション機能をVR体験できてしまうのだ。サイバーナビサイバーナビといえば、10V型モニターを採用する車種専用モデル。国産ミニバン7モデル用が設定され、大阪オートメッセでは日産セレナ(上の写真)が展示される。
純正と見違えてしまうほどの高いフィット感は、「さすが専用モデル」と感じさせる。サイバーナビ『サイバーナビ』といえば、ハイエンドカーオーディオ『カロッツェリアX』の技術とノウハウを投入し、一般的なカーナビゲーションとは一線を画する高音質な音楽再生が最大の特徴だ。
昨年登場した現行モデルでは、ネイティブ・ハイレゾ対応とその音質にさらなる磨きをかけている。カロッツェリア

セレナでは、そんなハイレゾ音源を試聴できることはもちろん、ふだん聴いている音源を持ち込むことも可能。ハイレゾ対応した『サイバーナビAVIC-CE901SE-M』とセパレート2ウェイスピーカー『TS-C1730S』は、どんな音源でも高い音質での再生ができるので、愛車のオーディオとのサウンドの違いを体感してほしい。

リヤシートには、フリップダウンモニター(TVM-FW1030-S)のほかプライベートモニター(TVM-PW1000T)2基を搭載。楽しいリヤエンターテイメントを提案している。

また、車種など詳細は当日までシークレットという新たな車種専用モデルが大阪オートメッセの会場で初登場するという。専用チューニングを施しているというので、ぜひともコチラも期待したいところ。

かわいい女性が助手席にいるVR体験コーナー

ブース内でもう一つ注目したいのが「VR体験」コーナーだ。
運転席目線でサイバーナビをVR(ヴァーチャルリアリティ)で体験できる。その内容は、サイバーナビの特徴のひとつであるミュージッククルーズチャンネル。さまざまなドライブシーンに合わせ車内で音楽を楽しめる疑似体験ができるのだ。さらに、助手席の方を振り返ると、かわいい女性が乗っているので、これはこれで楽しい。サイバーナビ

このほか実機展示も用意されている。こちらでは、ナビやオーディオを実際に触って操作できる。
大きく解像度の高さを感じさせるクリアな映像や、各種スイッチの使いやすさなどを体感できるわけだ。パイオニアもちろん、オーディオ再生も可能だから、高音質なカロッツェリアサウンドを聞くこともできる。

大阪オートメッセ2018は、2月10〜12日に大阪市のインテックス大阪で開催。
「カロッツェリア」ブースは2号館だ。

カロッツェリア http://pioneer.jp/carrozzeria/


画像ギャラリー