メイドインジャパンを世界へ! 越境ECストア「Japan Auto parts by Automesse」がオープン。優れた日本の自動車アフターパーツを世界中のファンへ!

メイドインジャパンを世界へ! 越境ECストア「Japan Auto parts by Automesse」がオープン。優れた日本の自動車アフターパーツを世界中のファンへ!

世界最大規模のECサイト「eBay」と
CARトップでお馴染み「交通タイムス社
」がワールドワイドに展開する新規協業事業を発表!!

 

今年で22回目の開催となる関西以西で最大規模のイベントとなった自動車とカスマイズの祭典「大阪オートメッセ2018」(インテックス大阪)。1〜6号館にテーマごとに分かれる大阪オートメッセの館内だが、その6号館AのCARトップ特設ステージで、2月10日(土)午前11時より、日本のアフターパーツ産業の活性化を予見させる発表会が開催された。
世界のおよそ200ヶ国でECサイトを展開している世界最大規模の「ebay」は、2017年度のEC取扱高は年間10兆円に及ぶ。様々なカテゴリーで豊富な商品が販売されているが、中でも自動車関連は人気のサイトだ。『eBay Motors』と呼ばれるそのサイトではおよそ5分に1台クルマが売れ、1分に3個の自動車パーツが売れているという。

イーベージャパン、ジャパンオートパーツbyオートメッセ、eBay
イーベイ・ジャパン代表取締役社長・佐藤丈彦氏による、会社及び、協業に対する流れの説明が行われた。

その日本法人であるイーベイ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤丈彦)は、月刊CARトップをはじめとする自動車関連の出版社として知られる株式会社交通タイムス社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:宮木芳樹)と協業して『Japan Auto parts by Automesse』と言う新たな越境ECストアを「eBay Motors」に開設すると発表した。
『Japan Auto parts by Automesse』は、日本の優れたもの作りで知られる自動車アフターパーツを取り扱う世界に向けたECストアで、海外の日本車オーナーやなんとしても信頼性・ブランド力のある日本製パーツを付けたいという世界中からの要請に応える形となる。

eBayは10兆円規模の販売実績を持つ世界最大のショッピングサイトだ。その実績あるeBayとの協業で、ジャパンブランドを世界へと発信していく『Japan Auto partsby Automesse』。

一方、出展する側となる日本のパーツメーカーやショップにとっても言葉の壁や代金徴収、倉庫や人の確保といった面倒な手続きなどを『Japan Auto partsby Automesse』側が引き受けてくれることで、自社で海外進出する多方面のリスクや問題が一気に解消されると言うメリットが多数ある。
アメリカの25年ルールの解禁で一気に人気が高まったR32スカイラインGT-Rや未だ衰えない日本車のスポコン人気など、日本車用パーツの需要は高まるばかりだ。2月10日(土)の発表会にはイーベイ・ジャパンの佐藤社長、交通タイムス社の宮木社長が揃って会見に臨み、4月1日(日)のグランドオープンに向けての本格稼働に期待を寄せていた。

イーベージャパン、ジャパンオートパーツbyオートメッセ、eBay
挨拶をする株式会社交通タイムス社 代表取締役社長・宮木芳樹氏。日本のアフターパーツを世界へアピールするチャンスを作るお手伝いができることが喜ばしいと語っていた

 

イーベージャパン、ジャパンオートパーツbyオートメッセ、eBay
交通タイムス社・山本室長、イーベイジャパン佐藤社長、交通タイムス社・宮木社長、イーベイジャパン・岡田部長ががっちり握手。3年後2億円の売り上げを目指す。

画像ギャラリー