大阪は90年代のスポーツが熱い!! 「KRC」が提唱する脱定番のカスタマイズ【大阪オートメッセ2018】

今年もKRC旋風が巻き起こる!
90年代ジャパニーズスポーツの共演

2月10日から開催されている『大阪オートメッセ2018』にて、1990年代のスポーツカーが今風にカスタマイズされて勢揃い。国内ばかりかアメリカでも高く評価される、「KRCモディファイ」のセンスと技術をご覧いただこう。

最新のスーパーカーではないし、いわゆる旧車と呼ばれる年代でもない。
クルマとしての魅力を十分に備えながら、トレンドの主流から外れてしまった1990年代のスポーツモデルたち。そんな“スキマ世代”に再びスポットを当てたのが「KRCモディファイド」だ。以前からアルテッツァやS15シルビアのユーザーは多かったが、業務として力を入れるようになった契機はアメリカ。仕事で渡米したとき現地のクルマ好きと交流し、彼らの1990年代の日本車に対するリスペクトを感じ取り、「表舞台で再び活躍させたい!」と決意したという。とはいえ、単なる懐古主義で終わらせたくはない。そこで外装のデザインは最新のセンス、場合によってはそれ以上の斬新さを取り入れている。KRC KRCmodified アルテッツァ シルビア RX-8 RX-7 大阪オートメッセ2018

「自分たちは大阪で生まれて育ったメーカー。なのでトレンドを追いかけるばかりでなく、大阪らしいどぎついさも取り入れつつ、新しいセンスで国内外にアピールしたかったんです」とのこと。ラスベガスのSEMAショーにも2014年から出展を続けており、日本車カスタムの新しいブームを確立した。

 

【アルテッツァ】

KRC KRCmodified アルテッツァ シルビア RX-8 RX-7 大阪オートメッセ2018

決してボリューミーとはいえない「アルテッツァ」を、オリジナルのボディキットで大幅にイメチェン。加えて前後にオーバーフェンダーをビス止めし、純正のイメージを残しつつ攻撃的なルックスに変身させた。KRC KRCmodified アルテッツァ シルビア RX-8 RX-7 大阪オートメッセ2018ワイドになったフェンダーには、ノーマルじゃ絶対に履けないフロント10J、リヤ12Jの19インチホイールをセット。色使いは全体的にシックだが、室内にツインで装着した真っ赤なバケットシートが、スポーツカーらしさを主張する。KRC KRCmodified アルテッツァ シルビア RX-8 RX-7 大阪オートメッセ2018

 

【RX-8】

KRC KRCmodified アルテッツァ シルビア RX-8 RX-7 大阪オートメッセ2018「あまりに個性的すぎてキット化していません」という、ワンオフのボディキットはインパクト絶大。
大きく広げたフロントフェンダーの後部をカットして、ボディ内側の“地肌”を見せる手法も斬新でアピール度バツグン。KRC KRCmodified アルテッツァ シルビア RX-8 RX-7 大阪オートメッセ2018

【RX-7】

KRC KRCmodified アルテッツァ シルビア RX-8 RX-7 大阪オートメッセ2018オリジナルのボディキットをベースに、ワンオフのオーバーフェンダーを追加。テールスポイラーは高さと角度をやや抑えたタイプBをチョイスする。なお、取り付けはKRCに車両を持ち込んでの完全コンプリート販売だ。KRC KRCmodified アルテッツァ シルビア RX-8 RX-7 大阪オートメッセ2018

【シルビア】

KRC KRCmodified アルテッツァ シルビア RX-8 RX-7 大阪オートメッセ2018「KRC」のフロントスポイラー/サイドディフューザー/ワイドフェンダーキットをフル装着。
トランクのフロアから大きなステーで立ち上げた新作のGTウイング・タイプBは、高さも翼端板の作りも度肝を抜かれる奇抜さ。KRC KRCmodified アルテッツァ シルビア RX-8 RX-7 大阪オートメッセ2018

程度のいい中古車がそこそこ残っており、純正パーツもまだ入手しやすい1990年代のスポーツカー。他人と違うスタイルを目指すなら今こそ手に入れどきかも?

 

(撮影リポート:佐藤 圭)


画像ギャラリー