丸目4灯ヘッドライトがレトロな雰囲気満点の「エブリイ」発見【大阪オートメッセ2018】

クラシカルで小粋なフォルムを演出する
ボディキットとして展開!

お仕事系の軽ワンボックスとしてご存じの「スズキ・エブリイ」が、丸目4灯ヘッドライトなどによりクラシカルで小粋なスタイルに変身。
「大阪オートメッセ2018(2月10日〜12日、大阪府・インテックス大阪)」の「キャルステージ」に展示されたクルマがそれだ。

フェイスデザインのモチーフになったのは、1959年に発売された「プリンス・グロリア」。後に「ニッサン」と合併した「プリンス」が製作した初代「グロリア」がそのイメージだ。

丸目4灯ヘッドライトは、当時このクルマなどに採用されたものだが、今のクルマでは見ることがなくなったスタイルだけに、新鮮でかなりオシャレ。今回、クラシカルに装うことができるボディキットとして設定されることになった。ビレット風のフロントグリルや同じく丸目のウインカーセットなども、クラシカルなテイストをアップすることに貢献。これらの装着で、フロントフェイスに個性的でクラシカルな味を投入することに成功している。ほかにも、シンプルながら美しいボディラインを演出するサイドステップやビンテージミラーを装着。

リヤフェンダーには、クルマを長く見せる効果も生むタイヤハウスカバーもセットしている。また、リヤバンパースポイラーやリアゲート中央のビンテージメッキエンブレムなども採用するなど、トータルでビンテージ感満点のフォルムを生み出すことに成功している。さらに、丸形のリヤウインドウを演出するリアゲートパネルやサイドのウインドウパネルなどが、小粋なテイストもプラス。レトロなだけでなく、ドレッシーでキュートなイメージを出す効果も生み出しているのだ。

軽ワンボックスをオシャレに乗りたい人には超注目のこれらエアロ群。
気になるお値段は、フルエアロ11点セットで33万8000円。フロントまわりだけのフェイスデザインチェンジ7点セットで23万8000円という設定となっている。

「エブリイ」オーナーはもちろん、レトロなクルマが好きな人は要注目だ。

 

(撮影レポート:平塚直樹)


画像ギャラリー