日産京都自動車大学校が新旧ベースの近未来コンセプトを展示【大阪オートメッセ2018】

近未来を描いたコンセプトエコカーと
旧車ベースのドリフト仕様の2台をお披露目

「日産京都自動車大学校」は自動車整備士を養成する”日産”のメーカー校だが、ボディリペアコースやカスタマイズコースのカリキュラムも設けている。今年、関西最大級のカスタマイズカーの祭典「大阪オートメッセ2018」に出展。カスタマイズコースを卒業する学生が製作したこの2台は、プロの手を頼ることなく完成度の高いクルマに仕上がっている。

 

【日産 LEAF】

日産京都自動車大学校 大阪オートメッセ2018 リーフ サニーまず、日産リーフの製作コンセプトはオーソドックスなエコカーではなく、スポーツモデルを意識した”近未来のエコカー”。足元に「ワークエモーション」の18×11.0J・インセット-19をセットしてクレイモデルを製作した後、FRPでこれに見合ったワイドボディを作り出した。日産京都自動車大学校 大阪オートメッセ2018 リーフ サニー単調にフェンダーのみを膨らますのではなくフロントバンパーからサイドステップ、リアバンパーにかけて描き出した滑らかなラインはプロ顔負けの仕上がり。また前後バンパーにも大型ダクトやスリットを入れてレーシーなイメージを引き出した。日産京都自動車大学校 大阪オートメッセ2018 リーフ サニー

 

【日産 SUNNY】

日産京都自動車大学校 大阪オートメッセ2018 リーフ サニーそして、KB10サニーは校舎の裏側に放置されて錆びついていた不動車がベースのドリフト仕様。
これにパイプフレームを組んでボディを強化して、S15シルビアの事故車から取り出したエンジン/ミッション/サスペンションを移植している。ボディの外装はバンパーやワイドフェンダーをFRPで製作してリフレッシュ。足元には16インチのワークマイスター+アドバンネオバをセットして、しっかりと走りの戦闘力も高められた。日産京都自動車大学校 大阪オートメッセ2018 リーフ サニー

今後コンピュータをキッチリとセッティングして細部を煮詰めていく予定だ。日産京都自動車大学校 大阪オートメッセ2018 リーフ サニー

会場内のブースでは、2台が完成するまでの道のりを動画で紹介中。大阪オートメッセ2018は、2月12日までインテックス大阪で開催されている。

(撮影リポート:芝 修)


画像ギャラリー