クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 日本での人気は世界トップクラス 「MOMO」の最新ステアリング事情
CUSTOM
share:

日本での人気は世界トップクラス 「MOMO」の最新ステアリング事情

投稿日:

TEXT: PHOTO:

  • MOMO、MOMO JAPAN、ヘリテージライン、MyMOMO、MASSIMO、SPIDER、SCREAMJET EVO、REVENGE EVO

伝統とモダンの調和が魅力な
MOMOのニューモデルラインを大公開

自動運転技術が実用化に向かい、あと10年もすればステアリングの要らないクルマが販売されそうな2018年。しかし、『MOMO(モモ)』のステアリングは元気だ。
日本での『MOMO』ステアリングの販売量は、世界で1、2位なのだそうで、現在のカタログもストリートからコンペティションモデルまで、フルラインをキープしている。
「スポーツユーザーは昔から多いのですけど、最近はドリフト系のユーザーが増えてますね。もちろん、それ以上に『MOMO』を選ばれる旧車オーナーさんが多いんですよ」と語るのは広報担当の高木マネジャー。

 

【COMPETITION】

MOMO、MOMO JAPAN、ヘリテージライン、MyMOMO、MASSIMO、SPIDER、SCREAMJET EVO、REVENGE EVO上の『COMPETITION』は一番人気。縦長断面にシェイプされたリムや親指がしっかりグリップできる握りの形状、汗による滑りに備えたエアレザーなど、高品質素材と職人技が随所にちりばめられたスポーツステアリングだ。
COMPETITION ¥23,000+税

 

【prototipo 6c】

そして、最新モデル“prototipo 6c”は穴あき3スポ−クに円形断面の太巻きレザーリムというクラシックな出で立ち。スポークはカーボンパネルをあしらったメカな雰囲気で、リム径は35φ。
prototipo 6c ¥68,000+税

 

「これから『モモ』では、50年以上かけて積み重ねてきたブランドの伝統を、より前面に出したいと考えています。イタリア本国にも、伝統を反映したデザインをリクエストしたり働きかけているんですよ」ということで、イチオシは『ヘリテージライン』シリーズ。そして今年スタート予定のプログラム『My MOMO』だ。

HERITAGE LINE

『ヘリテージライン』は、モモ往年の名品を再現したシリーズで、現在のラインアップは3モデルで、『CALIFORNIA』と『SUPER GRAND PRIX』が新シリーズとなる。
『CALIFORNIA』は60〜70年代風の穴あき3スポークに36φの細身レザーリムというクラシックなルックス。『SUPER GRAND PRIX』(3月発売)はクラシックなヨーロピアン3スポークに35φマホガニーウッドリムの組み合わせ。どちらも当時モノと変わらない仕事のよさで、旧車オーナーなら頬ずりモノだろう。

CALIFORNIA ¥39,000+税

 

SUPER GRAND PRIX¥39,000+税

 

そして、“マイ・モモ”はこの夏スタート予定のカスタムステアリングプログラム。リム、スポーク、レザー素材などを組み合わせ、さらにそれぞれのカラーを選ぶことができる。写真はかなりカラフルなサンプルだが、もちろん思い切りクラシックなカスタムも可能だ。

 

なお、ホーンボタンは現在2種類あるモモのブランドロゴが、昔ながらの矢印つきロゴ(モモアロー)に順次統一される。そこで復活したのがコチラ。
ポリッシュタイプなどはオブジェとして楽しみたくなるような仕上がりだ。

¥2,500〜3,000+税

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS