5月登場のホンダ新型「JADE」は2列シートの5人乗りを設定

“JADE RS”は2列5人乗り専用車へ
新仕様グレードも追加して刷新

「ホンダ(Honda)」は、マイナーモデルチェンジを予定する「JADE(ジェイド)」に関する情報をホームページで先行公開した。
「JADE」は2015年2月に発売し、セダン並みの低全高で美しいフォルムと高い居住性&ユーティリティを両立。今回のモデルチェンジでは、1.5Lのターボエンジンを搭載。上質な走りで好評を得るスポーツグレード「JADE RS」を2列/5人乗り仕様へ変更されるとともに、インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブを搭載する「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」という新たな仕様が追加設定される。HONDA、JADE、ホンダ、ジェイド、マイナーチャンジ、後期、RS

“RS”専用色として「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック」や、ブラックルーフ仕様を追加。スタイリッシュなデザインに一層の磨きをかけることになる。
なお、ブラックルーフ仕様はRS以外でも選択可能だ。HONDA、JADE、ホンダ、ジェイド、マイナーチャンジ、後期、RS

また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備。さらなる上質な走りと高い安全性が備わる「JADE」のマイナーチェンジは、2018年5月を予定する。HONDA、JADE、ホンダ、ジェイド、マイナーチャンジ、後期、RSRSの後席はV字スライドが特徴だったキャプテンシートからベンチタイプに変更。HONDA、JADE、ホンダ、ジェイド、マイナーチャンジ、後期、RS

 

 

ジェイド先行公開ホームページ
http://www.honda.co.jp/JADE/new/


画像ギャラリー