ローダウンの方法論「ダウンサス・車高調・エアサス」ってなにがちがう?

ローダウンの方法論「ダウンサス・車高調・エアサス」ってなにがちがう?

メリットとデメリットを理解して
スタイルや目的に適したタイプを選ぼう

愛車のスタイルアップに欠かせない手法「ローダウン」。車高を落とすだけで、タイヤとフェンダーの隙間が小さくなり、カッコいい見た目や視覚的なワイド感を得られるうえ、高速走行での安定性や運動性能が向上することもあります。
とはいえ、自動車用品店やカーショップに行くと、ダウンサスや車高調、エアサスなど色々なローダウン用パーツが販売されているわけで、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも。
今回は、そんな「ローダウン」の手法とそれぞれのメリット&デメリットを、スタイルアップ初心者に向けて紹介しましょう。

 

【ダウンサス】

単純に、純正のスプリングと交換するだけで車高を落とすことが可能。ちなみにスプリングとは、路面からの衝撃を吸収するもので、重要な足回りを構成するパートです。大半のクルマに付いてますが、足回りの構造によっては装着されない車種もあるのでご注意のほど。

さて、この「ダウンサス」。ローダウンスプリングとも呼ばれますが、基本的に純正ダンパー(ショックアブソーバ)用に販売されているものが多く、メーカーでは車種ごとにスプリングの硬さを表すバネレートや落ち幅を決めています。また、大半は最低地上高を考慮してダウン量を決めるので、車検の心配が少ないことも特徴です。車高調、エアサス、ダウンサス、ダウンスプリング、メリット、デメリット、違い、ローダウン

また、ダンパーも含めて社外品に交換することで、足回りのリフレッシュを兼ねたローダウンも可能。ただし、ダンパー代もかかるため、車高調と価格的に変わらなくなる場合も。クルマの使い方や乗り方、乗り味などを吟味してショップに相談するのもいいでしょう。車高調、エアサス、ダウンサス、ダウンスプリング、メリット、デメリット、違い、ローダウン

メリット:手軽に車高を落とせる。リーズナブルにローダウンができる。
デメリット:大幅なローダウンが不可能。車高の調整ができない。

ダウンサス:2〜4万円
工賃:2〜3万円
純正比ダウン量:20〜40mm

 

 

【車高調】

ダウンサスは、純正のダンパーはそのままにスプリングだけを交換するのに対して、車高調はダンパーを含めたサスペンションごと取り替えています。
この車高調で耳にするのが、ネジ式と全長調整式(詳細は「車高調の基本知識を学ぼう【前編】)。ネジ式は、スプリング下にある受け皿を上下させることで、スプリング長を縮めるなどして車高を決めて行くタイプ。後者の全長調整式は、車高調の下にあるブラケットという部分でダンパーの全長まで変更できる仕組みで、フルタップ式とも呼ばれています。前者は比較的に安価でビギナー向け、後者は底付きしにくく車高を落としやすい特徴が挙げられます。車高調、エアサス、ダウンサス、ダウンスプリング、メリット、デメリット、違い、ローダウン
他にも、減衰力調整付きならば乗り味や走りの変化が楽しめるなど、ダンパーごと交換する車高調ならではの特徴ではないでしょうか。車高調、エアサス、ダウンサス、ダウンスプリング、メリット、デメリット、違い、ローダウン

メリット:車高や乗り味の調整ができる。スポーティな走りにも対応可能。
デメリット:ダウンサスより高価で、乗り心地も硬いと感じることも。

車高調:8〜30万円
工賃:2〜3万円
純正比ダウン量:10〜60mm

 

 

【エアサス】

車高調の場合、車高を調整するにはジャッキアップ後にホイールを外してから調整と、手軽とは言いづらい。一方のエアサスは、スプリングの代わりとなるエアバックに空気を出し入れすることで車高を調整します。
この操作は、パドルスイッチやリモコンで行なうため車高の上げ下げもカンタン。走行時は車高を高めに、魅せたいときには車高をベタベタに、と使い分けられるので、日常の使い勝手に関してはエアサスのアドバンテージは大きいわけです。車高調、エアサス、ダウンサス、ダウンスプリング、メリット、デメリット、違い、ローダウンただし、サーキット走行といったスポーティな走りは車高調よりも苦手。また、足回りのシステムが異なるため、「構造変更」の申請が必要となってきます。車高調、エアサス、ダウンサス、ダウンスプリング、メリット、デメリット、違い、ローダウン

メリット:車高調整が超カンタンで、調整幅も車高調よりも大きい。
デメリット:高価すぎる。簡単なメンテナンスが必要。

エアサス:35〜70万円
工賃:8〜15万円
純正比ダウン量:10〜90mm

 

このように、それぞれの持ち味はさまざま。何にこだわるのか、愛車をどのようなシーンでどう使いたいのか、予算を含めて選択してみてはいかがでしょうか。
自分のカーライフと照らし合わせながら、理想の足まわりを見つけてくださいね。

*上記価格やダウン量は車種によって異なり、目安となります。また、ローダウンすることで安全運転システムやレーダーが誤作動する恐れもあるので、ショップに相談ください。


画像ギャラリー