【SUPER GT 2018 第2戦】ミシュランタイヤを履くGT-Rが初優勝、GT300はBMW M6 GT3が速さを見せつけた

温まりの早いミシュランタイヤが功を奏し、
MOTUL AUTECH GT-Rが岡山の屈辱を果たす

5月3日(木)〜4日(金)、SUPER GTの第2戦「富士GT500kmレース」が静岡県・富士スピードウェイで開催された。
濃霧に覆われたため、30分間で行なわれた予選。GT500クラスは「No.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)」の立川祐路選手がトップタイムを叩き出し、富士との相性がいいレクサス勢が上位5台中4台を占めた。ホンダ勢では「No.16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐)」が6番手、日産勢は「No.23 MOTUL AUTECH GT-R」が3番グリッドを獲得し、決勝を迎えた。SUPER GT 2018、スーパーGT、2018、富士スピードウェイ、第2戦、決勝、MOTUL AUTECH、GT-R、ARTA BMW M6、GT500、GT300

晴天となった決勝レースがスタート。
ポールポジションの「No.38 ZENT CERUMO LC500」は序盤からペースが上がらない。代わりに好スタートを見せたのが、予選3番手の「No.23 MOTUL AUTECH GT-R」。オープニングラップで2台を抜き去りホームストレートへ戻ってきた。さらに好走ぶりをみせたのが、別レース参戦のため小林可夢偉の代わりに起用された坪井選手が操る「No.39 DENSO KOBELCO SARD LC500」。徐々にペースを上げていくなか、レース中盤には「No.23 MOTUL AUTECH GT-R」を追い抜いてトップにおどり出る。SUPER GT 2018、スーパーGT、2018、富士スピードウェイ、第2戦、決勝、MOTUL AUTECH、GT-R、ARTA BMW M6、GT500、GT300

しかし、これで終わらないのがSUPER GT。ピット作業の早さに定評のある「No.23 MOTUL AUTECH GT-R」は、2回目のピットストップからはトップに返り咲き、初優勝を獲得した。
2位は「No.39 DENSO KOBELCO SARD LC500」。予選トップだった「No.38 ZENT CERUMO LC500」は、粘りのある走りで3位となった。SUPER GT 2018、スーパーGT、2018、富士スピードウェイ、第2戦、決勝、MOTUL AUTECH、GT-R、ARTA BMW M6、GT500、GT300

なお、GT300クラスではポールポジションだった「No.55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/S.ウォーキンショー)」が、一度もトップを譲ることなく素晴らしい速さを見せつけて快勝。
2位は予選7番手の「No.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/平手晃平)」となり、3位には「No.11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)」が入った。SUPER GT 2018、スーパーGT、2018、富士スピードウェイ、第2戦、決勝、MOTUL AUTECH、GT-R、ARTA BMW M6、GT500、GT300

GT500/GT300・上位10台のリザルトは以下の通り。

【Round2 FUJI GT500km RACE(GT500クラス・決勝リザルト)】SUPER GT 2018、スーパーGT、2018、富士スピードウェイ、第2戦、決勝、MOTUL AUTECH、GT-R、ARTA BMW M6、GT500、GT300

順位No.マシンドライバーLapsBest Lap
1

23

MOTUL AUTECH GT-R

NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A

松田 次生
ロニー・クインタレッリ
1101’30.460
2

39

DENSO KOBELCO SARD LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
ヘイキ・コバライネン
坪井 翔
1101’30.934
3

38

ZENT CERUMO LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
立川 祐路
石浦 宏明
1101’30.962
4

36

au TOM’S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
ジェームス・ロシター
関口 雄飛
1101’31.016
5

6

WAKO’S 4CR LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
大嶋 和也
F.ローゼンクヴィスト
1101’31.316
6

12

カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
佐々木大樹
ヤン・マーデンボロー
1101’30.809
7

1

KeePer TOM’S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
平川 亮
ニック・キャシディ
1101’30.830
8

8

ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
野尻 智紀
伊沢 拓也
1101’30.675
9

100

RAYBRIG NSX-GTHonda NSX-GT / HR-417E山本 尚貴
ジェンソン・バトン
1101’30.540
10

3

CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
本山 哲
千代 勝正
1091’30.723

 

【Round2 FUJI GT500km RACE(GT300クラス・決勝リザルト)】SUPER GT 2018、スーパーGT、2018、富士スピードウェイ、第2戦、決勝、MOTUL AUTECH、GT-R、ARTA BMW M6、GT500、GT300

順位No.マシンドライバーLapsBest Lap
1

55

ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3 / P63
高木 真一
S.ウォーキンショー
1021’37.926
2

31

TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS / RV8K
嵯峨 宏紀
平手 晃平
1021’38.367
3

11

GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
平中 克幸
安田 裕信
1021’38.020
4

65

LEON CVSTOS AMGMercedes AMG GT3 / M159黒澤 治樹
蒲生 尚弥
1021’38.559
5

0

グッドスマイル 初音ミク AMG
Mercedes AMG GT3 / M159
谷口 信輝
片岡 龍也
1021’38.604
6

7

D’station Porsche
PORSCHE 911 GT3 R / MA185
藤井 誠暢
スヴェン・ミューラー
1021’38.603
7

60

SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
LEXUS RC F GT3 / 2UR-GSE
吉本 大樹
宮田 莉朋
1011’38.864
8

34

Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3 / JNC1
道上 龍
大津 弘樹
1011’38.672
9

88

マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3 / DFJ
平峰 一貴
マルコ・マッペリ
1011’39.034
10

21

Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS / DAR
リチャード・ライアン
富田 竜一郎
篠原 拓朗
1011’38.971

次戦は5月19日~20日、三重県・鈴鹿サーキットで開催される。

 

SUPER GT公式ホームページ
SUPER GT SQUARE公式ホームページ

 

(写真:YOSUKE NARUSE)


画像ギャラリー