レーシングドライバー織戸選手が創出した「トヨタ86用エアロパーツ」

素材とデザインにMAXこだわった
美しいエアロフォルム

SUPER GTやD1のドライバーなどで名を馳せる織戸 学選手。今回、織戸選手が「トヨタ86」用のオリジナルエアロパーツをプロデュース。”オトナの86″をイメージしたという、そのスタイリングをじっくりと見てみよう。

 

【MAX★ORIDO×AKEA】

織戸選手にとって「トヨタ86」は、D1に挑戦したり、ワンメイクレースに参戦していたりと、何かと縁があるクルマである。それだけに自分で街中を走るなら、格好良くカスタマイズして乗りたいと思っていた。
そんなときに、エアロパーツメーカー「AKEA」と知り合い、オリジナルエアロを作る話が決まったのだという。
今回のエアロパーツのテーマは、ワンランク高級な大人の「トヨタ86」。それは車検対応ということが条件で、それを前提に車幅を片側9mm広げている。
これによって、9.5×18インセット45というサイズのホイールが履けるのだ。

素材にもこだわっている。フロントフェンダーだけはFRPとなり、その他のパーツはすべてABS製である。製造方法は、まるで純正パーツを作るように、モデラーさんが粘土を削ってカタチにしていったのだという。美しく仕上がったディテールには、製造方法に秘密があったのだ。

エアロパーツのほかに、ドライカーボンで作られたドアミラーカバーやUFS(アンダー・フロア・スポイラー)などもラインアップ。名古屋のプロショップ“K-ONE”とのコラボレーションで、サスペンションやブレーキローターなどもオリジナルを開発中ということだ。
すべてのパーツが近日発売予定。織戸選手の想いが十二分に込められた高性能なエアロを、アナタの「86」に選んでみてはいかが?

オリダーこと織戸選手みずからが”自分の作りたい、乗りたい「トヨタ86」”をイメージして作り出したエクステリアパーツだ。

MAX ORIDO RACING TEL045-595-9728
http://maxorido.com/

 

[リポート:Xacar86&BRZ編集部・大野田 諭/PHOTO・水川尚由]


画像ギャラリー