「ハイゼットトラック・ジャンボ」にアクティブな魅力をドッキング!!

「ハイゼットトラック・ジャンボ」にアクティブな魅力をドッキング!!

注目の軽トラに旬のアゲスタイルを投入、
荷台+パイプフレームで嗜好性の高い1台へ

巷のカスタムシーンを凌駕する勢いのアゲスタイル。色々なカスタムが咲き乱れるドレスアップ界において、最近は色濃い存在になってきている。

先ほど開催された「広島カスタムショー2018」においても、アゲスタイルが目立っていたが、こちらでは軽自動車ベースが多く出展。そのアゲスタイルも増殖するにつれて、最近ではスピンオフした格好?なのか、やんちゃ感を醸し出すワイルド系、アクティブな感じのするオフ系、オシャレにまとめたチョイドレ系などなど様々な格好がプロポジションされている。エフクラス、ハイゼット、トラック、ハイゼットジャンボ、アウトドア、キャリア

 

なかでも注目を集めていたのは「エフクラス」が、軽トラックに提唱している荷台をポイントとしたトラック系のアゲスタイル。
トラックの荷台には、スチールパイプ製のハードカーゴキャリアを搭載。これを使ってイロイロな遊びの提案を迫る格好になっていた。取材車のベースは、ビジネスユース以外でも活躍するダイハツの「ハイゼットトラック・ジャンボ」。仕事なら脚立、スライダーなどの長尺物の積み込みに威力を発揮しそうな作り込みだけでなく、遊びならば自転車、サーフボード、スノーボードなど、大きなものも搭載できそうだ。まさに、想像しただけでもワクワクできる使い勝手がプラスされていた。エフクラス、ハイゼット、トラック、ハイゼットジャンボ、アウトドア、キャリア

 

取り付けはベース部分に強力なノブボルト&ナットを使用。着脱も可能で、いざとなれば外せるというわけだ。
ハードカーゴキャリア部分の耐荷重は100kgとのこと。エフクラス、ハイゼット、トラック、ハイゼットジャンボ、アウトドア、キャリア

 

ハードカーゴキャリア一式(\89,000税別)を搭載しても荷室部分は十分に使用可能。フレームの角度調節もできるため、スペースを有効利用できる。エフクラス、ハイゼット、トラック、ハイゼットジャンボ、アウトドア、キャリア

 

荷室をもっと広く活用したいならば、ゲート部分を開けて使用するハードカーゴゲート一式(\39,000税別)を使うと便利。使用しない時も収納可能だ。エフクラス、ハイゼット、トラック、ハイゼットジャンボ、アウトドア、キャリア

 

エフクラス TEL079-558-9666
http://www.h-cargo.com/


画像ギャラリー