アルトを車高アップすると「見た目ヨシ、走りヨシ」に生まれ変わるんです!!

ローダウンだけが似合うなんてナンセンス、
車高調とちょい足しでワイルドに大変身!

シュピーゲル、車高調、アルト、HA36、リフトアップ、KLC軽自動車の“アゲ系スタイル”と言えば、箱バンや軽トラのイメージが強い。すなわち、このスズキ・アルト(HA36)のリフトアップが登場したときには、見る人の脳裏に鮮烈なイメージとして焼き付けられたに違いない。
この”アゲ系”アルト東京オートサロンに持ち込み、大反響を起こしたのがサスペンションメーカー「シュピーゲル」。オリジナルの車高調キットを主軸に、足まわりに関連するサブアイテムやボディ補強パーツを多数ラインナップする名ブランドだ。
上の写真に写る2台は、左が街道レーサー風に仕上げた車高短なアルトワークス。そして、もう一方がアゲ系の主役となるアルトバンだ。サゲとアゲとの車高比較では、ヘッドライト一個分ぐらいの大きな差に。
“36アルト”という同じ素材なのに、料理の仕方でここまで違いが出るのも面白い。シュピーゲル、車高調、アルト、HA36、リフトアップ、KLC

アゲのアルトバンは、同社のリフトアップ専用車高調『アップバーストシリーズ』を装着。
サゲとは逆の自由長の長い、リフトアップ用スプリングを入れてキット化したもので、サスペンションメーカーゆえに、各パーツのセットアップはお手の物。この車高調で約50mm、外径の大きなオフロードタイヤを履かすと約50ミリ。すなわち、計約100mmのリフトアップを実現した。
見た目ヨシ、走ってヨシのアゲアルトは大注目の一台になりそうだ。シュピーゲル、車高調、アルト、HA36、リフトアップ、KLC

 

足回りは、業界初といえる「シュピーゲル」の専用リフトアップ車高調『アップバーストシリーズ』を装着。リフトアップ車両ならではの走破性も考えて、専用スプリングに合わせ減衰力やバネレートを最適化。気になる価格は税込13万8240円〜とのことで、フロントにはスタビリンクキットも装着される。

商用バンとは思えない、堂々としたアゲ系フォルムは、メガネ、バンパーボトムは黒く塗り分け。ルーフエンドには「KLC製」のリアウイングを装着し、テールランプは社外のLED製品に変更した。シュピーゲル、車高調、アルト、HA36、リフトアップ、KLC

 

ルーフキャリアはジムニー用パーツで馴染みある「ショウワガレージ」製。シートはアルトワークス純正のレカロシートをコンバートし、真っ赤な4点シートベルトでスパルタンさも高めた。
また、アンダーガードは、スズキ・ハスラー用を加工して装着。市販仕様も想定しているとか。

フェンダーには「KLC」と共同開発し、NA専用としてつくられた『ワイドフェンダー9』を装着。シボ黒でらしさを演出した。シュピーゲル、車高調、アルト、HA36、リフトアップ、KLC

 

タイヤは悪路走行も考慮し、ヨコハマタイヤのオフロード競技系「アドバンタイヤ」を装着。サイズは185/65-15を前後で履く。シュピーゲル、車高調、アルト、HA36、リフトアップ、KLC

 

 

行動範囲が何倍にも広がりそう♪

シュピーゲル、車高調、アルト、HA36、リフトアップ、KLC東京オートサロンでは大勢の目に触れることになり、一気に認知度が上がった「シュピーゲル」のアゲアルト。
「展示しているところだけではなく、実際に走っているところも見て欲しいですね」とは同社の開発担当逸見サン。雪道や泥道でもまったくヘッチャラに走る姿はサマになってます。

 

シュピーゲル TEL048-970-2800
http://www.spiegel.co.jp


画像ギャラリー