アルパイン「2018 ビッグ X シリーズ」進化したボイスタッチを搭載して登場

アルパイン「2018 ビッグ X シリーズ」進化したボイスタッチを搭載して登場

声でナビを操作できるボイスタッチが、
さらに快適、かつ安心・安全に

「アルパイン」および「アルパインマーケティング」は、 声でカーナビ操作を可能とした”ボイスタッチ”をさらに進化させた車種専用カーナビゲーション『2018 ビッグXシリーズ』を発表。
2017年モデルの7月下旬出荷製品より新機能を搭載し、全国のアルパイン製品取扱店にて販売を開始する。

 

声だけでカーナビの操作を可能とした”ボイスタッチ”。
「アルパイン」では、2017年モデルより搭載しているが、進化したボイスタッチは”周辺検索”を呼び出し、探したいジャンルを声で検索。さらに行きたいお店なども声で選択できるほか、”ページ送り”も声で行なうことができるようになった。しかも、走行中でも目的地としてルート設定が可能となったのだ。ビッグX、アルパイン、2018

他に、割り込んできた注意喚起の情報を確認できたら、「キャンセル」と声で元の画面に戻す機能を新搭載。
他にも別売りの『マルチビュー・バックカメラ』や『マルチビュー・フロントカメラ』装着時も、声でアングルの切り替えが可能に。ハンドルから手を放さずに車両周囲を確認できるようになった。ビッグX、アルパイン、2018

 

進化した『ビッグ X “11”』は、トヨタ・30系アルファード&アルファードハイブリッド、日産・セレナ e-POWERなど、車種ごとに設定中(詳細は下記ホームページにて)。ビッグX、アルパイン、2018
なお、『2018 ビッグXシリーズ』は2017年モデルをベースとするシリーズであり、モデル品番に変更なし。現在発売中の2017年モデルや、2017年モデルの使用ユーザーも『2018 ビッグX』と同じ機能にアップデートすることができ、進化した”ボイスタッチ”を利用することが可能だ。

 

アルパイン
https://www.alpine.co.jp/


画像ギャラリー