ドライブレコーダーの配線をスッキリ収納できる「ドラレコ取付けキット」 (1/2ページ)

ドライブレコーダーの配線をスッキリ収納できる「ドラレコ取付けキット」

DIYでドラレコを装着するとき
電源ケーブルを美しく装着できる

 ドライブレコーダーをDIYで装着するとき、本体からシガーソケットまでの配線を美しく取り回しできるのが「愛工房」の『ドラレコ取り付けキット(¥850/税・送料込み)』だ。

 両面テープ付きの『MKコードレール』10本と接着性を高める住友3M製プライマーがセットになっている。ドラレコ

DIYのネックは配線作業

 2017年6月に東名高速道路上で発生した交通トラブルが原因となったの痛ましい事件発生以来、ドライブレコーダーに対する注目度はもちろん装着率はグッと上昇。未だに自動車用品量販店などでは、ドライブレコーダーの品薄状態が続いている。

 最近のドライブレコーダーは、シガーソケットから電源を取るタイプが多いためオーナー自身が取付けをする例も増えている。

 ところが、ドライブレコーダーの装着位置はフロントウインドウの上部なのに対して、電源となるシガーソケットはセンタークラスター下部となっていることが多い。ドラレコ

 つまり、ドライブレコーダー本体からシガーソケットまで、電源ケーブルはフロントウインドウの周りをグルッと回してこなければならない。

 自動車用品量販店などに取付けを依頼すれば内張りを外して、その内部に隠してくれるが、素人ではなかなかできないだろう。

 そうなると両面テープの付いたクリップなどで電源ケーブルを固定することになるだろう。しかし、クリップとクリップの間のケーブルは、どんなにピンと引っ張ってもたるんでしまったりする。とにかく見た目はよろしくない。ドラレコ

画像ギャラリー