ブリッドシート「ZAOU 」 ガンバ大阪のトラック&バスに採用決定

ブリッドシート「ZAOU 」 ガンバ大阪のトラック&バスに採用決定

日刊自動車新聞用品大賞を受賞した
快適な移動空間を作り出すブリッドのシート

一定のエリアを回る配送の仕事や現場と土場を往復するダンプ、そして日本中を駆け巡る長距離便など、トラックの業務は多種多彩。
だがどの業種も、毎日そして終日クルマのシートに座り、長時間運転するハードな仕事であることには変わりない。そんなトラッカーたちにとって、シートの快適性、疲労軽減は切実な問題だといえよう。

モータースポーツの世界で有名なメイドインジャパンのスポーツシートメーカー「BRIDE(ブリッド)」は、そんなトラッカーのドライビングポジションにいち早く注目。レースシーンで培ったノウハウを惜しみなく投入し、トラックにも装着できる快適性と安全性を重視したシートをリリースしてきた。
特に今年春に発売された『ZAOU(ザオウ/以下ザオウ)』は、アフターマーケット業界初となるトラック専用シートとして開発。キャビンへの乗降を妨げないフラット形状の座面と身体を包みしっかりホールドするシートバックを専用設計。
左右にオプションでアームレストを用意するなど、トラッカーの仕事中の疲労を軽減する快適シートとして絶大な支持を得ている。そんな『ザオウ』が、7月4日に発表された「31st日刊自動車新聞用品大賞2018」にて、大型車部門賞を受賞した。
選出の決め手はやはりその快適性。長時間運転時の疲労軽減を支援し、就労の環境改善に寄与するとして大賞の受賞へと至ったようだ。

その『ザオウ』が、J1プロサッカーチーム”ガンバ大阪”の機材運搬用トラックと選手送迎用バスの運転席にも採用された。同チームのパートナーであるブリッドが、チームサポートの一環として『ザオウ』を取り付けたのだ。
試合遠征のために長距離・長時間の移動が多い同チームのドライバーの負担を軽減し、遠征時の安全で快適な移動に貢献することとなった。
快適性&疲労軽減の実力はお墨付き、そしてスポーツシートメーカーならではのカッコいいデザイン……。
業界初のトラック専用シート『ザオウ』は、働くトラッカーたちの新たな定番アイテムとなっていくことだろう。

 

(リポート:トラック魂編集部)


画像ギャラリー