万一のバッテリーあがりから災害時まで役立つBELLOF「バッテリーチャージャー」

万一のバッテリーあがりから災害時まで役立つBELLOF「バッテリーチャージャー」

ロードサービスや他人の手を借りずに
バッテリーを充電して再スタートできる

クルマのバッテリーが上がってエンジンが始動できないとき、ジャンプコードでほかのクルマのバッテリーから電気をもらう、ロードサービスを呼ぶなど、いくつかの解決策はある。
しかし、手早く他人の手を借りずにエンジンを始動できるのが「ベロフジャパン」がリリースする『クイック・バッテリー・チャージャー アルミニウム』だ。
事前に充電しておけば、クルマのバッテリーにつなぐだけでエンジンを始動できる電気を供給するというスグレモノなのだ。これからの帰省シーズンに、ぜひ携帯してもらいたい逸品といえるだろう。

使い方も超カンタン!『ベロフジャパン』の動画を見てもらえば納得してもらえるはずだ。

バッテリーがあがってしまったとき、真っ先に思いつく対策が周りのクルマから電気を分けてもらうバッテリージャンプだ。
しかし、バッテリージャンプ用のケーブルが必要になるのだが、最低限の工具しか積まなくなったこの時代、ジャンプコードを常備しているクルマがどれだけあるのだろうか?
仮にケーブルは持っていたとしても、電気を分けてもらう相手(クルマ)がいなければ意味がない。
周りにクルマがたくさん停まっている駐車場や住宅街でも早朝深夜ではなかなか人はいないし、通りかかるクルマを止めてというのも簡単ではない。
JAFなどのロードサービスを呼ぶのもいいが、とくにお盆などの帰省時期は同様なトラブルが多く、スタッフが到着するまでの時間は掛かることだろう。

そんなときに役立つのが「モバイルバッテリーチャージャー」だ。これを常備しておけば、例え人里離れた携帯電話の電波も届かないような山の中でも安心である。
「モバイルバッテリーチャージャー」とはポータブルバッテリーのクルマ用といったもので、内蔵する電池はリチウムイオン。スマートフォンより少し大きいサイズながらクルマのエンジンを掛けられるだけの電力を持っている。
ただ、リチウムイオン電池には安全性について色々と言われているので、容量の大きいものは余計に不安があったりする。それだけにクルマのバッテリー上がり時に備えて購入する際は、なによりも信頼できるものを選びたいと思う人は多いだろう。ベロフ

「ベロフジャパン」が販売するコンパクト&多機能バッテリーの『クイック・バッテリー・チャージャー アルミニウム(以下QBC)』は、経済産業省の定める電気用品安全法(PSE法)に適合。電極やセパレーターもモバイル用途を考慮してショートなどが起こりにくい構造を採用する。
また、強度のあるアルミニウム筐体を使っているので圧迫や衝撃にも強く、リチウムイオン電池に異常が起きても膨張や破裂の事故を防ぐ効果も持っているという信頼性の高いバッテリーチャージャーなのだ。
価格は1万6000円(以下価格はすべて税別)。

ベロフ専用のバックには、ジャンパーケーブルであるセーフティ・モジュール・ジャンパー・ケーブルと、シガーソケットプラグ(12V車用車載充電器)、ACアダプター(家庭用充電器)、そして収納ケース、取扱説明書のセットになって収納されている。

ベロフボディカラーはシルバー、レッド、ブラックの3色。サイズは140mm×80mm×20mm(長さ×幅×厚み)とコンパクトで、重量は約350gと缶ジュースとほぼ同じと軽量。
内蔵バッテリーは6000mAHの高品質リチウムイオン電池。容量的に3000ccエンジンまでのクルマやバイクのエンジンスタートが可能となっている。起動電流は180A、最大出力は300Aだ。

ベロフ筐体のサイドにはプッシュ式で操作しやすい電源ボタンと4段階で電池残量の示すインジケーター、2Aまでの出力ができるUSB端子、本体充電用端子、そしてLEDライト(点灯と点滅が可能)がある。右端の黒いカバーの裏にはセーフティ・モジュール・ジャンパー・ケーブル(ジャンパーケーブル)の端子がある。

ベロフ2Aまでの出力ができるのでスマートフォンやポータブルゲーム機、デジカメの充電も余裕。QBC満充電で約2回のスマートフォン充電が可能だ。アウトドアだけでなく、災害時の備えとしても頼りになる。

ベロフクルマのバッテリーがあがってしまったときは、QBCに付属のジャンパーケーブルを接続。
まず赤色のジャンプコードをバッテリーのプラス端子へ。黒いコードをマイナス端子へつなぐ。
クルマによってプラス端子とマイナス端子の位置は入れ替わるので、必ず確認してほしい。

ベロフその際、マイナス側のジャンパーケーブルはブラブラしてボディに触れたりするとショートするので手で持っておく。
なお、セーフティー・モジュール ジャンパーケーブルには逆電流出力安全保護機能、プラス・マイナス接続ショート回避機能が付いているので安心だ。

ベロフ接続し終えたらジャンパーケーブル本体に付いている2つのランプが「青」と「緑」で点灯していることをチェック。この状態であれば運転席へ行き、エンジンスタート操作を行えばエンジンは始動する。

ベロフもし、ランプのひとつが「赤」に点灯し、ブザーが鳴った場合はバッテリーに異常があるのでQBCをつないでも安全装置が掛かりジャンプスタートはできなくなる。また、「青」「赤/緑」のどれも点灯せず、ブザーも鳴らない状態はバッテリーが完全放電している状態なので、この際もQBCでのジャンプスタートはできない。

ベロフエンジンが掛かったらジャンパーケーブルの「黒色コード」をバッテリーの「マイナス端子」から外す。つぎに「赤色コード」を「プラス端子」から外す。

QBCには用途を広げるためのアクセサリーも用意されているので最後にそれらの紹介をしよう。まずは5枚のソーラーパネルを搭載したソーラーチャージャー。ベロフ最大で25Wの発電が可能になっている。QBCをアウトドアで使用するときや災害時には便利なアイテム。価格は1万2000円。

バックアップ電源用OBDIIケーブル(3600円)を使うと、バッテリー交換時にカーナビなどの電子機器のメモリーデータを保護するための補助電源としても使用できる。ベロフ

クルマ、バイク、自転車などの空気充填ができるエアコンプレッサーは4300円。車中泊用のエアクッションなどを膨らますときも便利だ。ベロフ

このほか12V出力ソケット(3000円)をQBCに接続すれば、シガーソケットと同様に電源を確保。車内で使うアイテムが車外でも使用することができる。ベロフ

このように『クイック・バッテリー・チャージャー アルミニウム』は、自動車用バッテリーチャージャーとしてだけなく、アウトドアや災害時にも多彩な使い途ができるので、ぜひとも備えておきたいアイテムといえるだろう。

ベロフジャパン http://www.bellof.co.jp/

(レポート&撮影:深田昌之 動画撮影:佐藤靖彦)


画像ギャラリー