価格は1億円超え!世界限定50台の日産GT-Rが日本でサプライズ初公開【動画】

価格は1億円超え!世界限定50台の日産GT-Rが日本でサプライズ初公開【動画】

日産とイタルデザインの合作による「GT-R50」。
先鋭的なデザインと迫力のエキゾーストノートを公開

2018年9月23日(日)、東京都の代官山T-SITEで「Nissan GT-R50 by Italdesign」が一般公開された。
現車は6月23日に突如発表されたプロトタイプで、R35型 日産GT-R NISMOをベースにロンドンの「日産ヨーロッパ」が内外装のデザインを担当。イタリアのデザイン会社「イタルデザイン」が開発・設計・製造を手掛け、上限50台で販売されるという夢のスーパーカーだ。
7月11日のイギリス・グッドウッドフェスティバル・オブ・スピードで実車が公開され、その後ベルギーのスパ・フランコルシャンサーキット、アメリカのラグナセカでお披露目。そしてついに、GT-Rの生まれ故郷である日本に上陸したのだ。Nissan GT-R50 by Italdesign、Exhaust、イタルデザイン、蔦屋、代官山

車内も公開&エンジン始動デモンストレーションも!!

日本初の公開場所となったのは、代官山 蔦屋書店で休日の早朝に開かれる「MORNING CRUSE」というイベント。車種やボディカラーなどのテーマに沿って、クルマ好きが自慢の愛車を持ち込みコーヒーを飲みながら語り合う集いだ。

今回は「Nissan GT-R50 by Italdesign」がやってくるということで、テーマは「R35 GT-R」。イベントスタートは朝の7時だが、5時過ぎには早くも駐車場に並ぶGT-Rたちの姿が(オーナーカーの写真は画像ギャラリーで公開中)。会場内には本物のGT-R50が展示されており、驚くことにパーテーションなどでガードされることなく“普通に”展示されていたのだ。Nissan GT-R50 by Italdesign、Exhaust、イタルデザイン、蔦屋、代官山
第一印象は「ストレートにカッコいい」。ベースのGT-R NISMOも横に並べてあったが、正直なところGT-R50と比べるとちょっと古くさく見えてしまうほどに先鋭的であった。
また、会場では車両のドアを開放して車内を自由に覗くこともでき、ラッキーなことに運転席にも座らせてもらった。内装はGT-R NISMOがベースとはいえ、ダッシュボードまわりの造形やメーターパネル(モーテック製)はGT-R50専用。各所にアルカンターラが使用されており、かなり高級感溢れる仕立てとなっている。Nissan GT-R50 by Italdesign、Exhaust、イタルデザイン、蔦屋、代官山

さらにイベントの途中ではボンネットも外され(開けるのではなくフードごと外していた)エンジンも公開。レーシングカーのGT-R NISMO GT3で使用されているタービンやインタークーラーのほか、ピストン/コンロッド/クランクシャフト/カムなどを採用し、最高出力=720ps/7200rpm、最大トルク=780N・mを発生するという。Nissan GT-R50 by Italdesign、Exhaust、イタルデザイン、蔦屋、代官山

 

そもそも「なぜこんなすごいGT-Rが生まれたのか」

2018年で創立50周年を迎えるイタルデザイン、そして2019年に生誕50周年を迎える日産のGT-R。それを知った両社が意気投合し、「なんの制約もなくGT-Rを作ったらどうなるだろう?」というコンセプトで製作。そしたらこんなすごいGT-Rができてしまった、というわけだ。しかも、ただのコンセプトではなく、実際に販売するというから二度ビックリ。

販売台数は50台を上限とし、価格は90万ユーロ〜(日本円で約1億2000万円以上)とのこと。なんと当日の会場では実際に商談する人も出現(契約したとか)。それはさておき、まだ世界に1台しかないコンセプトカーとはいえ、当日はトランスポーターから降ろされると、エンジンを始動して自走で展示スペースまで移動。エンジン音(排気音)はノーマルのGT-R NISMOよりもちょっと大きいかな、と感じた。聞くところによると、エンジン内部やトランスミッションの強化など、スペック通りの仕様になっているらしい(パワートレインはNISMOが担当)。Nissan GT-R50 by Italdesign、Exhaust、イタルデザイン、蔦屋、代官山

そして車両をジックリと観察すると、ノーマルのGT-Rよりも明らかに低く見える。
それもそのはず、チョップドルーフにして全高が54mmも下がっているのだ。リヤクオーターのガラス部には空気を取り入れるダクトが空いており、それが立体型のLEDテールランプ内を抜けて排出するという凝った作り。つまり、GT-R(というかスカイライン)伝統の丸テールの中は空洞なのだ。また、リヤスポイラーは電動格納式で展示時は上方にせり上がっていた。普段は格納され、高速走行時には上昇。これだけでもGT-Rとしては「画期的」なことだと思う。Nissan GT-R50 by Italdesign、Exhaust、イタルデザイン、蔦屋、代官山Nissan GT-R50 by Italdesign、Exhaust、イタルデザイン、蔦屋、代官山

当日集まったGT-Rオーナーたちからは、「実車のほうが断然いい」「欲しいけどどうやっても買えない」「これは次期型じゃないの?」という声が聞こえてきた。

アナタはどう思いますか?


画像ギャラリー