マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 3)」 (1/3ページ)

マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 3)」

マツダのロータリー・ラインアップには、
トラックやマイクロバスなど変わり種もあった

ロータリー・エンジン搭載車と言えば、忘れてならないのがスポーツカー。
そう、マツダのRX-7シリーズだが、それは次回のお楽しみということで、今回は変わり種を3連発していこう。

 

北米仕様のロータリー・ピックアップ

先ずは1974年に登場したロータリー・ピックアップ(REPU)。これはその名の通りロータリー・エンジンを搭載したピックアップ、つまりトラックだ。もう少し詳しく出自を見て行くと、ベースとなったのは、マツダ初のピックアップとなったB1500の後継モデルとして65年に登場した初代プロシード。もっとも、「REPU」が販売された北米では、このプロシードもB1500を始祖とするMAZDA B Seriesの第2世代として知られている。

それはともかく、商用車としてライトトラックに分類される1t積のピックアップトラックに当時、マツダの乗用車用としては最大排気量となる654cc×2ローターの13Bを搭載したモデルがREPU。シャシーも強化され、4輪ドラムブレーキだったベースモデルに対してREPUではフロントにディスクブレーキが奢られ、当初は4速マニュアルしか用意されていなかったミッションも、後には5速MTや3速ATも選べるようになった。

また後期モデルではキャブが100mm、前後方向に引き伸ばされるなど、居住性に関しても改良。今から見ればSUV(新聞などではスポーツ多目的車と注釈がつく)だが、要は商用車だったトラックを乗用車にコンバートしたクルマ…の先駆けでもあった。
ただし73年の第一次オイルショックの影響もあり、多くの台数を販売することはなく77年にプロシードがモデルチェンジを受けて次世代…プロシードとして2代目、Bシリーズとして3代目に移行したのを機に姿を消した。

 

【Mazda Rotary-Pickup Type REPU(1973-77)】

REPU、パークウェイロータリー26、ロードペーサー、マツダ、ロータリーエンジンロータリー関連の収蔵展示で評判のドイツはアルトゥルスハイムにあるオートヴィジョン博物館で出逢ったロータリー・ピックアップ(REPU)。フレアーした前後のオーバーフェンダーが、ただのピックアップトラックでないことを訴えている。
テールゲートにある“ROTARY POWER”の文字は、展示に際しての演出ではなく、ラインオフした時からすでに装着(貼付)されている標準パーツ。ファミリア・ロータリークーペでも外観上の大きな特徴となった丸型4灯のテールライトも、このロータリー・ピックアップの出自を物語っているようだ。

 

【Mazda Rotary Pick-Up 2-door Pick-Up Truck Type SPA136(1974)】

REPU、パークウェイロータリー26、ロードペーサー、マツダ、ロータリーエンジンこちらはドイツのアウグスブルクにあるマツダ・クラシックカー博物館フライで出逢ったREPU。リアの荷台部分が大きく改造され、車両けん引作業に特化した仕様となっている。自動車博物館にはふさわしい“働くクルマ”であると同時に、看板グルマとしてもアピール度は高いと思われるが、同館では館内に展示されていた。REPU、パークウェイロータリー26、ロードペーサー、マツダ、ロータリーエンジン

 

 

【↓次ページへ続く↓】