BBSがメルセデスAMG C43用サイズのホイールを開発!プロトタイプをキャッチした

BBSがメルセデスAMG C43用サイズのホイールを開発!プロトタイプをキャッチした

FRのCクラスには装着できるホイールが
足まわりの形状からC43では履けない

鍛造アルミホイールを代表する「BBS」が、2ピースホイール『LM‒R』でメルセデス・ベンツC43 4マチックに装着できるサイズ開発を進行中。そのプロトタイプが完成したというので、早速とそのマッチング具合を確認してきた。

見たところ、CクラスクーペにBBSを組み合わせたごくオーソドックスなコーディネイトに思えるが、見る人によっては、まさかのセットアップだということがすぐにわかる。

C43 4マチックは、四輪駆動システムを採用している。その影響でフロントのアーム類が特殊な形状になってしまって、FRである他のCクラス用サイズのホイールが使えないのだ。そのためBBSでは、今までC43 4マチックに履ける製品が存在しなかった。

つまりこのルックスは、あり得ないセットアップというわけだ。
逆にいえば多くのC43 4マチックユーザーの念願。ついにBBSがそれを叶えてくれた。

インストールしているのは、モータースポーツで使われていたデザインを市販車用にアレンジした鍛造2ピースモデル『LM-R』だ。
スポーツテイスト満点な7交点のクロススポークデザインは、まだプロトタイプのプロファイルだとはいえ、そのマッチングは上々。華麗なクーペスタイルに、さらなる躍動感を注ぎ込んでいる。

細部に渡って隙のない作り込み、それに全身からにじみ出る高い質感など、デビューからたっぷりと時間が経っているので、LM‒Rの魅力は輸入車フリークならば十分に熟知しているはずだ。

その機能美がC43 4マチックと融合して、スタンダードとはひと味違うキャラクターを構築している。
「やっぱりなっ」と独りごつオーナーのつぶやきが聞こえてきそうな、精悍な佇まいだ。

装着している『LM-R』プロトタイプは、フロントが8J×19+31、リア8.5J×19+38。これに組み合わせているタイヤは、ミシュラン・パイロットスポーツ4Sの225/40と225/35だ。
市販化に伴いホイールサイズはフロント8J×19+30、リア9J×19+44になる予定。

市販品はディスクかリムのどちらかで深みを出して、いっそう迫力を演出するというから、C43 4マチックオーナーは期待せずにはいられない。発売は年内を目指している。

 

よりラグジュアリーな12本スポークデザインである『FS』でも、C43 4マチック用サイズも設定。こちらは設計がすでに終わっていて、あとは市販を待つだけだ

BBSジャパン https://bbs-japan.co.jp

 

 


画像ギャラリー