トヨタ『踏み間違い加速抑制システム』を発売、ディーラーで装着可能に

トヨタ『踏み間違い加速抑制システム』を発売、ディーラーで装着可能に

超音波センサーが障害物を感知し、
ペダル踏み間違いによる暴走事故を抑制する

トヨタは、ディーラーオプションとして先代『プリウス(30系)』と『アクア』に後付けできる衝突軽減安全システム『踏み間違い加速抑制システム』を発売した。
前方または後方の障害物を当音波センサーで感知すると、表示やブザー音で注意喚起をするだけでなく、万一アクセルを強く踏み込んでしまっても加速が抑制されるようになる。加速抑制システム

近年、駐車場などにおける高齢者をはじめとするドライバーのペダル踏み間違いによる事故の割合が、交通事故全体の中で増えている。そのような背景もあり、トヨタには事故を未然に防ぐ装備への要望があるそうだ。

現在トヨタでは、自動ブレーキシステム『トヨタ・セーフティ・センス』の採用を新車の乗用車で進めている。そのような安全運転の支援一貫として、『トヨタ・セーフティ・センス」が登場する前のモデルへディーラーでの取り付けを可能とした『踏み間違い加速抑制システム』を用意したわけだ。

『踏み間違い加速抑制システム』は、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知すると、車内に取り付けたモニターが文字とブザー音を発して注意喚起をする。
それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献するわけだ。

ただし、傾斜していたり車体に対して直角ではない壁、車体に対して途中で途切れている障害物、フェンスやポールのようなものに対しては、システムは正常に作動しないそうだ。

また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制する。

装着できるのは先代『プリウス(2009年5月18日~2015年12月8日に販売されたモデルでG’s、ウェルキャブ全車は除く)』と『アクア(2011年12月26日~2018年4月2日に販売されたモデル)』で、今後、装着可能モデルを拡大していくという。

価格は工賃別で5万5080円(税込み)。
高齢な家族などが運転する『プリウス』や『アクア」に装着してみたらいかがだろうか?


第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!