日本最高峰のレースクイーンが語る、今シーズンを振り返って【TEAM IMPUL】

日本最高峰のレースクイーンが語る、今シーズンを振り返って【TEAM IMPUL】

星野一義監督の大きな支えとなった2人

「IMPUL(インパル)」といえば、現役時代に”日本一速い男”と呼ばれた星野一義監督が率いる名門。
2018年は、エースドライバーの佐々木大輝と速さが魅力のヤン・マーデンボローというコンビで、ドライバーズランキング12位という悔しいシーズンに終わった。
そんなSUPER GTで戦った「TEAM IMPUL」のレースクイーンを務めるのが、相沢菜々子ちゃんと藤崎百恵ちゃん。『2018カルソニックレディ』として活躍する2人に2018年を振り返ってもらった。

 

【No.12 TEAM IMPUL】

相沢菜々子

「2018年からという初めてのレースクイーンを務めさせていただきました。最初は迫力あるエンジン音にすごく驚いたことを覚えてますが、レースを通じて”熱中する”ということを体験できました。平成最後の年に大きな財産となった気がします。星野監督をはじめとするチーム関係者のみなさん、そして応援してくださった多くのファンの方、ありがとうございました」

相沢菜々子(twitter)<<< @nanako_aizawa

 

藤咲百恵

「人生初となるレースクイーンを務めさせてもらい、モータースポーツと深く関われることができました。多くのドラマがあって驚いたことも多かったのですが、なによりもチームの方や多くのファンの皆様との出会いが私にとって素晴らしい出来事だったと思っています。2018年は非常に濃い1シーズンでした。本当にありがとうございました」

藤咲百恵(twitter)<<< @Mooomoe86

 

 

↓彼女たちのその他ショットは画像ギャラリーで公開中↓

レースクイーン撮影:木下 誠(1973年生まれ)
某自動車誌の編集長を経てカメラマンに。車雑誌を中心に活動するなか、モデルやグラビア撮影も得意とし、月刊誌「K-STYLE」では『景写少女』を連載中。趣味は宝塚観劇。
https://twitter.com/KishitaMakoto

 

SPECIAL THANKS:SUPER GT SQUARE


画像ギャラリー