500万円でGTマシン級の迫力「HONDA NSXで実現する美しきワイドボディ」

500万円でGTマシン級の迫力「HONDA NSXで実現する美しきワイドボディ」

和製スーパースポーツが身に纏う、
ドライカーボン製エアロの破壊力

東京オートサロン2019が行われた幕張メッセで、ひときわ異彩を放つ1台が展示されていた。
広島県のボディキットメーカー「エイムゲイン」が製作したHONDA NSX用のエアロパーツ『AIMGAIN GT WIDE BODY』。その美しいフォルムからは只者じゃないオーラが放たれていた。
まるでシーズンが始まる前のGTマシンを彷彿とする、前後バンパー、フェンダー、ボンネット、リアゲートに至るまでカーボンで成型されていたのだ。エイムゲイン、AIMGAIN、NSX、HONDA、AIMGAIN GT、WIDE BODY、ワイドボディ、オーバーフェンダー、カーボン、東京オートサロン2019

昨年もオートサロンにNSXのデモカーを展示したエイムゲイン。その際は、フロントセクションのみカーボン製で、ワイドボディを描くフェンダーは貼り付けタイプというコンセプト仕様だった。満を辞して再登場した今作では各セクションをフルカーボン化、ワイドフェンダーについてはアフターパーツでは珍しい”交換式”に変更されたのである。エイムゲイン、AIMGAIN、NSX、HONDA、AIMGAIN GT、WIDE BODY、ワイドボディ、オーバーフェンダー、カーボン、東京オートサロン2019、BODY KIT

「これまで日産GT-Rやトヨタ86、日産フェアレディZなどのワイドボディキットを手がけてきました。しかし、日本が誇るスーパーカーのNSXだからこそ素材にもこだわりたい。コストや手間はかかりますが、オーナーさんは性能にこだわりを持つ人が多い。好評だったビジュアル面のみならず、空力や重量といった性能面も追求し、ドライカーボンでイチから開発&製作することにしました」とは、エイムゲインの伊藤チーフ。

前述のようにフェンダーのみならず、前後バンパーといった各種スポイラーやトランクハッチなどは純正との交換式。すなわち、いざとなれば元に戻せる設計なのも特筆すべき。

デモカーの足元はオリジナルホイール『AIMGAIN GTM(F20×9.0J/R21×12.0J)』をセットし、純正のアクティブアクティブ・ダンパー・システムを活かした新世代エアサス(ボルドワールド製)でローダウン。ワイドボディの迫力をさらに魅力溢れるものに昇華させていた。エイムゲイン、AIMGAIN、NSX、HONDA、AIMGAIN GT、WIDE BODY、ワイドボディ、オーバーフェンダー、カーボン、東京オートサロン2019、BODY KIT
気になるドライカーボン製ボディキットの価格は、500万円(フルキットの場合)。
このプライスが高いか否かはオーナーの判断に委ねるとして、世界の名だたるスーパーカーに負けない和製スーパーカーでの発信は大いに歓迎すべきだろう。

 

(ちんサブ)


画像ギャラリー