ランドクルーザーが軽自動車に? ジムニーがベースの旧車風スタイルを提案

ランドクルーザーが軽自動車に? ジムニーがベースの旧車風スタイルを提案

トヨタ系プロショップが手がけた合法コンセプトカー

東京オートサロン2019では、昨年デビューした新型ジムニー&シエラのカスタムカーが多く見られたが、そのなかでも異彩を放つ一台を発見。「梯子車体(はしごしゃたい)」が製作したトヨタ・ランドクルーザー風のジムニー、そのディテールをお見せしよう。梯子車体、群馬トヨタ、ジムニー、東京オートサロン2019

「梯子車体」といえばオフロードコースを所有する、群馬トヨタ系列の4WDプロショップ。そこがトヨタ・ランドクルーザー(ランクル)ではなく、あえてジムニーを出展したのだから面白い。
 ワクワクしながらブースに足を運んでみると、そこに置いてあるのはランクル……っぽく見えるけど、サイズに何となく違和感が。それもそのはず、デモカーは新型ジムニーをベースにしたランクル風カスタム。その名も『コンセプトL/C』である。梯子車体、群馬トヨタ、ジムニー、東京オートサロン2019

元々がエッジの効いたジムニーのボディライン。そのため、アフター系のメーカーはメルセデスのGクラスや、ランドローバーのディフェンダーなど、角ばった輸入車をモチーフにしたエアロパーツがトレンドとなっている。梯子車体では40系ランクルをリスペクトし、ディーラー直系ならではの確かなクオリティで作り上げたのである。梯子車体、群馬トヨタ、ジムニー、東京オートサロン2019

 もっともランクル風を印象づけるフロントマスクは、ジムニー純正のラジエーターグリルを加工。そこへトヨタの純正エンブレムを貼り付けるなどしたワンオフ品だ。ヘッドライトやフォグランプは手付かずながら、イッキに“ランクルらしく”見えるのが凄い。梯子車体、群馬トヨタ、ジムニー、東京オートサロン2019

 また、ボディカラーはレッドに、ルーフ部分を40系純正ホワイトにした2トーン仕様。
 4輪駆動車用パーツをリリースするJAOSの試作品で25~30mmリフトアップした足まわりや、ちょっとレトロな雰囲気を醸し出すAPIOのホイールも、40系ランクルらしさを高めるための要素。走りのセッティングも4WDプロショップだけに万全だ。そして、公道を走行できる完全合法仕様としたのも高ポイントといえるだろう。


画像ギャラリー