トラックの安全性を表現「グラフィックデザインが話題となった日野のトラックたち」

トラックの安全性を表現「グラフィックデザインが話題となった日野のトラックたち」

先進安全装備も充実!

 日野自動車は「日野プロフィア」と「日野レンジャー」を東京オートサロン2019にて展示。プロ仕様にカスタマイズされた2台を紹介しよう。
 テーマは「iNFORMATIon DESIGN」。イラストレーターであり、メカニックデザイナーの小林誠さんとコラボレーションを行ない、トラックの安全性を具体化したグラフィックデザインとなっていた。2017年にフルモデルチェンジしたプロフィアは、前方車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキや車両ふらつき警報など多くの先進安全システムを装備。また長距離ドライバーの負担を減らすために、商用車トップレベルの座り心地を実現している。

 一方、中型トラックの「レンジャー」は「プロファイア」と同じ時期にフルモデルチェンジを行い、先進安全装備も充実したモデル。今回の展示車は、インフォメーションデザインをコンセプトにしており、トラックドライバーはもちろん、一般の方にも最新の安全システムや先進システムをわかりやすく伝わるようなデザインに仕上げられていた。

 機能部品箇所に小さく文字を入れたデザインは、戦闘機やレーシングマシンの注意書きをモチーフにしており、かっこよさをアピールすることで新たなファンの獲得を狙っているとのこと。

 ボディカラーは、デザインテーマである「ダイナミックエナジー」を意識し、ビタミンカラーでパワフルな印象を与えるオレンジを随所に使用している。

 そして、初の試みとして小林誠さんとコラボレーションしたわけだが、小林さんのアイコンマークである四角をモチーフにしたデザインを投入し、未来的で先進的なイメージを一層引き立てた。

 加えて、タイヤにもボディ同様にオレンジを投入。タイヤまでカスタマイズするのは、今回が初だそうだ。

 ほかにもアンドロイドをイメージしたマネキンを随所に配置するとともに、アンドロイドのように振る舞うコンパニオンが、ブースをより先進的な空間に仕上げていた。


画像ギャラリー