少しの遊び心で激変!! 働くクルマ「軽トラで楽しむネオ旧車なスタイル」

少しの遊び心で激変!! 働くクルマ「軽トラで楽しむネオ旧車なスタイル」

ハイゼット・ジャンボとキャリーに新提案、
たった3点で変身可能な”バッドレーサー”

「東京オートサロン2019」で見かけた、ダイハツ・ハイゼット ジャンボとズスキ・キャリーという軽トラックの2台。出展したのは、セダンやミニバンなどのカスタマイズパーツを手がける「K.BREAK(ケイブレイク)」だ。

働く軽自動車をベースとしたのもユニークなのだが、装いは旧車風スタイル。一見は手の込んだカスタムが施されているように見えるが、フロントリップスポイラー、オーバーフェンダー、テールスポイラーという3点のエアロパーツで構成される、「ケイブレイク・レーシング」という新シリーズからのリリースだ。

【関連記事】「放電ベルト」に「小径ハンドル」! 昔は「お約束」だったのに姿を消した「昭和 &平成カスタム」10選

ケーブレイク、K BREAK、東京オートサロン2019、ダイハツ、ハイゼット ジャンボ、スズキ、キャリー、エアロ

フロントは、古き良き旧車スタイルを彷彿とするチンスポイラー形状。両サイドにダクトを配してスポーティな雰囲気を醸し出す意匠となる。荷台の後方に設置するテールスポイラーは、こちらも旧車スタイルとなるダックテール状を採用した。ケーブレイク、K BREAK、東京オートサロン2019、ダイハツ、ハイゼット ジャンボ、スズキ、キャリー、エアロ画像はこちら

そして注目はオーバーフェンダーの存在。ビス留めスタイルとなるフェンダーは、フロントはドアの開閉に配慮した2分割構造で、リアは純正アーチを覆うフェンダーカバーとセットとした設計に。チープな見た目のリアフェンダーまわりを隠せるうえに、アーチ部分は純正よりも下方向にセットするため、視覚的なローダウン効果も発揮できるのだ。ケーブレイク、K BREAK、東京オートサロン2019、ダイハツ、ハイゼット ジャンボ、スズキ、キャリー、エアロ画像はこちら

わずか3点のエアロで”働く軽トラ”のイメージチェンジが可能に。他にも丸目4灯風に見せられるテールランプカバーや、アイライン、鉄チンホイールといったサブアイテムを投入したり、デモカーのように好みのブランドでステッカーチューンを楽しむのもいいだろう。ケーブレイク、K BREAK、東京オートサロン2019、ダイハツ、ハイゼット ジャンボ、スズキ、キャリー、エアロ画像はこちら ケーブレイク、K BREAK、東京オートサロン2019、ダイハツ、ハイゼット ジャンボ、スズキ、キャリー、エアロ画像はこちら

ずばり、コンセプトは”バッドレーサー”。仕事でも遊びでも使える軽トラへのカスタム提案は、ハイゼットやエブリイといったバンでも発信していくとのこと。

ケーブレイク、K BREAK、東京オートサロン2019、ダイハツ、ハイゼット ジャンボ、スズキ、キャリー、エアロ画像はこちらなお、「ケイブレイク」のブースでは、トヨタ・ハイエースでも旧車風のチンスポイラーやオーバーフェンダーを装着した新作エアロを発表。こちらも見逃せない存在といえそうだ。

画像ギャラリー