遊び心満載の軽自動車トラック・カスタマイズ5選

遊び心満載の軽自動車トラック・カスタマイズ5選

働くクルマだから機能性も大切

 軽トラックやミニバンも、今や様々にカスタマイズされて遊びごころ満載となっている。2019年2月9日から11日までインテックス大阪にて開催されている「大阪オートメッセ2019」で見た、働く現場の熱意を感じるクルマを紹介しよう。

生活とは仕事と遊びの両立だ

 ダイハツブースでお出迎えしてくれたのがハイゼット・ジャンボ。「仕事と遊びを両立させたコンセプトのクルマです、軽トラでカッコ良さに凝っています」とダイハツのデザイン部の米山知良さん。なるほどリヤ&ルーフのロールバーに積まれたサーフボードの隣には、仕事の現場で使うインパクトドリルなどの工具類が並び、コンセプトどおり両立が証明されている。

 しかも見た目だけではない完璧さがそこここに。リヤに積み込みなどをする際の頑丈な乗り降りのステップ板を左サイドに設け、ルーフにはLEDワークランプ、バンパー左右に電源導入コンセント、荷台にも汚れをすぐに取り去ることができる塗装が施されている。

 荷台から立ち上がるロールバーもフロントキャビンボディ側面の流線に合わせて緻密に湾曲させてある完璧さだ。展示車はワンオフ製品だが、市場登場が待たれます。

 

バックとサイドから使い勝手は倍以上だ

 オフロードバイクがサイドからも積み降ろしできるホンダのN-VANが「フクダーランド」として展示。バイク大好きのチュートリアル福田さんが、ホンダといえば赤ということで艶やかな赤を交えたカラーリングにしたという。シートをきっちりと寝かせる「ダイブダウン」でフラットになるこのクルマ、アルミ板の敷板で補強した車内には、オフロードバイクがピチッとおさまる。カスタムカー製作会社のFLEXが、サイドにピラーのないこのN-VANの本領を発揮させたものだ。

 

仕事に引き継がれている開拓者魂

 こちらのベースのダイハツ・スーパーキャリィに取り付けられているルーフキャリアは、リヤの荷台上にも伸びて積載スペースが有効に使える「ハードカルゴ」というもの。100kgまで積めるという強靭なキャリアバーは、パウダーコート仕上げで傷にも強いという。仕事人が工事現場などで使うたくさんの脚立を積んで安全に移動しているもので、実際に利用されているクルマが展示されていた。

 車検も万事通るカスタムだから、頼もしい。貼られているイージーデカールは、アメリカなどでよく見られる鉄板がボディに貼り付けられたシーンを、デザインとして利用している開拓者魂のシールだ。だから力強さがにじんでいます。

働き方にも上品はある

 町の電気屋さんが使っているというダイハツ・ハイゼット・ジャンボ。キャリアのバーは見るからに太いがその取り回しは上品なフォルムでゴツさがない。

「お客様の要望でレトロな雰囲気を盛り込んでいます」とガレージイルの海田圭太さん。なるほど足回りのアルミホイール「SSR」がざらついているような特異の感じだから、昭和のおじさんはつい惚れてしまい、息子に説き伏せたいほどのものだ。ベース車では荷台の下がつつぬけだが、こちらは働らく礼儀をわきまえたともいうべき「サイドスカート」が装着されて上品なたたずまいだ。

力強い大阪のあれこれ

 と会場を巡っていると、「タケヤリマフラー」という時代を振り返ってしまうものにも遭遇。ハイゼット・ジャンボにがっちりとした真っ赤なリヤのロールバー、オーバーフェンダー、などなど。鉄製のホイールが「鉄珍」ブランドになっている。

 おお、大阪でんなあ、東京よりパワフル!大阪オートメッセ2019。


画像ギャラリー