あえてアンティークさをアピール!レザー生地を使った最新シートカバー登場

あえてアンティークさをアピール!レザー生地を使った最新シートカバー登場

シート列単位でオーダーできるのでオトク

 シートカバーを自分仕様にカスタムオーダーできるブランド「グレイス」は、大阪オートメッセ2019の会場で2019年イチ押しモデル、アンティーク生地を採用した「アンティーク・デザインSシートカバー」を展示した。イメージは、まるで歴史を感じさせるアンティークソファーだ。

 生地に気品あるオールドレザーを採用し、シートカバー自体のデザインをあえてシンプルなストライプ仕様としたのも特徴的。対応車種は幅広く、1列ごとに購入できるため(1列分¥30,000~)ミニバンなどで3列目は必要ない、といったユーザーには買いやすい設定となるのもポイントだ。

【関連記事】「2000万円出すと言われてもこれだけは手放さない」! オーナーが語る「AE86に惚れ込んだ理由」

シートカバー画像はこちら

 生地のカラーは深みと渋みの効いた8色展開で、名称はワイン、ブラック、ブラウン、グレー、ダークブルー、モスグリーン、クリームイエロー、キャメルとなる。ワインのみ少し硬めのヌメ革調素材となるため、他カラーより少し価格がアップする。

 いずれにしても一般的なシートカバーにはない独特の色味ばかりなので、車内の雰囲気をガラリと変えてくれること間違いなしだ。また信頼度の高い日本製で、webのみの限定販売品となる。シートカバー画像はこちら

 細部へのこだわりも深く、運転席、助手席の側面に専用の革パッチを設定する。ここは、乗降時に目に付きやすいパートなため、効果的なアクセントとなってくれる。

シートカバー画像はこちら フロントシートのみストライプデザインを背面の上部まで伸ばすことで、リアシートから見る表情にこだわったのも見逃せない。

 シートカバーだけでなく、同生地を採用したヘッドレストに装着するティッシュケース、ネックパッド、シートクッションなどのサブアイテムも多数設定。同シリーズのフロアマットもラインアップしているため、1台まるごとアンティーク仕様に仕上げることも可能だ。

 

【詳しくはこちら】

シートトリートメント・アンティーク・デザインS  

1列分(ワイン/他カラー)  ¥40,000/¥30,000

2列分(ワイン/他カラー)  ¥75,000/¥45,000

3列分(ワイン/他カラー)  ¥115,000/¥85,000

4列分(ワイン/他カラー)  ¥125,000/¥95,000

□ワイン、ブラック、ブラウン、グレー、ダークブルー、モスグリーン、クリームイエロー、キャメル

 

ネックパッド  ¥3,500

ヘッドレストティッシュケース ¥3,000

シートクッション ¥3,000

 

グレイス TEL072-654-3363

http://www.grace-cts.com/

画像ギャラリー