ホンダのイギリス工場閉鎖で起きる「不吉な予感」と「次期シビックの行方」 (1/2ページ)

ホンダのイギリス工場閉鎖で起きる「不吉な予感」と「次期シビックの行方」

ホンダのヨーロッパ市場戦略が再び問われる今

 ホンダが突如イギリスのスウィンドン工場を2021年一杯で閉鎖し、撤退するという発表を行なった。日本人は雇用問題に対し世界一穏やかなお国柄のため、「採算が合わないならば仕方ない」といった反応しかないものの、世界標準からすると大きな問題だ。近年、最も厳しい修行を強いられたのがトヨタである。

 トヨタは、カリフォルニア州の工場を閉めると発表した途端、暴徒化した雇用者だったのかクルマが勝手に暴走し始めニュースになり、社会問題になってしまう。その後、解雇した従業員に対し手厚い補償を行なうことを決め、さらに工場自体も居抜き&好条件でテスラに譲ることを発表するや、トヨタ車の暴走は全く無くなり、アメリカの国交大臣にあたる議員も「トヨタは素晴らしい」となった。ホンダ撤退

 イギリスだって同じだ。アメリカのような直接行動に出ることはないかもしれないけれど、突然の三行半(みくだりはん/離縁状)は半ばケンカ売るようなもの。イギリスからすると、日産のサンダーランド工場で次期型エクストレイルの生産を止めるという発表すら「もしかしたら工場の生産規模を減らすのか?」と大問題になっている。

 工場撤退となったら、ブレグジット(イギリスのEU撤退問題)に与える影響も大きい。ちなみに日産のサンダーランド工場は昨年44万台を生産。イギリスの約3割の生産台数という規模を持ち、工場と部品関連で4万人近い雇用を作り出している。ホンダのスウィンドン工場は昨年16万台のシビックを生産し、撤退となれば2万人近い失職者を出すだろう。ホンダ撤退


画像ギャラリー