約200台の新旧スーパーカーが富士スピードウェイに集結! 3月24日に開催

約200台の新旧スーパーカーが富士スピードウェイに集結! 3月24日に開催

一般来場者の見学も可能

 SuperCar Club Japanは2019年3月24日(日)、静岡県・富士スピードウェイで「ALL Japan Supercar Meeting 6th(オール ジャパン スーパーカーミーティング」を開催。新旧問わず約200台におよぶスーパーカーの展示・パレードランを行なうほか、スーパーカーグリッドウォーク見学会も同時開催される。ALL Japan Supercar Meeting

「ALL Japan Supercar Meeting」とは2014年に開催されたイベント。香港のスーパーカークラブ(Sunday Morning Drive=SMD)を日本に招くために、国内から250台のスーパーカーオーナーを集め、SMDを迎えたことから始まった。

 当時はツーリングや宿泊先で歓迎会、メインイベントは富士スピードウェイをSMDメンバーに走行してもらおうというのが目的。香港には日本のようなサーキットがないため憧れもあったという。そこで、企画されたのが「ALL Japan Supercar Meeting」だ。

 イベント内容は、富士スピードウェイの特徴の一つである長い直線コースをゼロ発進で全開走行する「ホームストレート全開走行」や「パレードラン」、「コース内撮影」の3つ。今年は、初の試みとしてホームストレートにスーパーカーを整列し、ドローン撮影を行なうという。ALL Japan Supercar Meeting

 同時開催の「スーパーカーグリッドウォーク見学会」は、一般社団法人 日本スーパーカー協会が主催。同協会はオーナー個人で楽しむだけではなく、多くのスーパーカーファンと接することを目的とし、社会に役立つ文化として振興していく活動を行なう。

 一般来場者は、10時から入場することが可能で富士スピードウェイのパドックに展示されたスーパーカーをじっくり眺めることができるほか、13時からはホームストレートに入ることができ、スーパーカーとサーキットという空気感を楽しむことができる。

 さらに特別ゲストとして、スーパーカーYouTuberのファビオさんも来られるというのだから、行かない理由はないだろう。ALL Japan Supercar Meeting

 一般社団法人 日本スーパーカー協会の代表理事を務める須山さんは「広くスーパーカーファンの人に集まってもらい、より多くの人にクルマの魅力を伝えてきたい」と話す。

ALL Japan Supercar Meeting
◎日時:3月24日(日)10:00〜14:00
◎会場:富士スピードウェイ
◎入場料:サーキット入場料のみ(大人1000円・高校生700円)

【詳しくはこちら】

ALL Japan Supercar Meeting 6th


画像ギャラリー