名車がずらり! マロニエ・オートストーリー『春』ミーティング開催 (1/2ページ)

名車がずらり! マロニエ・オートストーリー『春』ミーティング開催

ツーリングとBBQで親交を深める

 今回で9回の開催となる『Marronnier Auto Story「春」meeting(マロニエ・オートストーリー)』が2019年4月28日に鹿沼市出会いの森総合公園で行われた。76台の名車が春の栃木県に集まり、オーナーたちはクルマ好き仲間とバーベキューを楽しんだ。

 このイベントに参加できるのは、1984年までに生産が開始された国内外の名車(一部、主催者が認めた車両)。これらのクルマがメイン会場となる「出会いの森総合公園」を起点に、79kmのコースをドライブする。バーベキュー込みのイベント参加(有料)はもちろんだが、普段お目にかかれないクラシックカーを見学(無料)するだけでも十分に楽しむことができる数少ないイベントだ。マロニエ・オートストーリーが栃木県で開催

 コースは出会いの森総合公園バーベキュー広場をスタートし、中継地点となる古峰神社駐車場を目指す。道中のワインディングロードは、ドライブを楽しむにはもってこいとなっている。キャブレターの吸気音が山間部に轟き、新緑に癒やされる絶景のスポットを愛車と対話しながら走る参加者の姿に、偶然居合わせたギャラリーも思わず微笑んでしまうほど。マロニエ・オートストーリーが栃木県で開催

 前日の寒い曇り空が嘘のような晴れ空(気温18度!)となり、中継地点の古峰神社駐車場ではコーヒーが振る舞われ、参加者は渇いた喉を潤していた。コーヒーで一服すると、参加社は再びメイン会場となる「出会いの森総合公園」を目指してクルマを走らせる。マロニエ・オートストーリーが栃木県で開催

 コース周辺には山桜が咲いていて、沿道からクラシックカーが走る姿と一緒に撮影する方もチラホラと見かけられた。ラリーチームが作ったコースマップのコマ図を元に走らせている姿は、まるで公道ラリーに出場しているかのような雰囲気。同乗する仲間や家族と楽しめるのも、このイベントの特徴だ。マロニエ・オートストーリーが栃木県で開催

 メイン会場に戻ると、エントリーしたクルマ好き仲間とバーベキューの鉄板を囲みながら会話を楽しめる。肩を張らずに参加できるのも魅力だ。マロニエ・オートストーリーが栃木県で開催

 マロニエ・オートストーリーフォーラムを主催者である森さんは、「もともとウッディパーク鹿沼ステージ(クラシックカーイベント)というイベントを引き継いだのが、このイベントです。2009年から始めて、今年で9回目の開催となりますね。2011年は震災で中止にしましたが、翌年も100台ほどのクルマが集まりました。車種に偏りもなく、国内外のクルマが増えてバラエティ豊富なところも魅力だと思いますね」。マロニエ・オートストーリーが栃木県で開催

「リピーターも多く、個々に楽しんでいる様子を見るのが運営している側としても嬉しいですね。こんなにのどかな場所でゆるくクルマ遊びができるイベントが減ってしまったので、今後も続けていきたいですね。秋の開催はまだ未定ですが、ホームページをチェックして頂ければと思います」と語る。マロニエ・オートストーリーが栃木県で開催

 広い原っぱの上にクルマを置き、初めましての参加者同士がフレンドリーな空気感が他のイベントでは体感できない“ゆるさ”を感じさせてくれる。第1回から参加されている方も「自分の愛車と仲間とクルマ遊びをして、バーベキューで会話が弾む、気を遣うことがないので楽しいですよね」と答えてくれた。マロニエ・オートストーリーが栃木県で開催

 気になる方は定期的にマロニエ・オートストーリーフォーラムのホームページをチェックして頂きたい。新しい出会いと感動が待っているかもしれない。


画像ギャラリー