アフターパーツメーカーが注目! SUVの存在価値が見出されているワケ

アフターパーツメーカーが注目! SUVの存在価値が見出されているワケ

4WD&SUVカーニバル2019で見るトレンド事情

 ここ数年のアウトドアレジャーやキャンプ熱の高まりに後押しされ、郊外の砂利道などラフ&オフロードの移動に欠かせない4WD & SUVが人気だ。業界的にも「ブーム」を実感しているという声が各方面から挙がってきている。4WD & SUVカーニバル2019 レジャーアイテムを満載にしながらゆったりと人も乗れるトヨタ・ハイエースや日産キャラバンなどの商用ベースのワンボックスカーは、レジャーシーンでは定番中の定番。車中泊はもちろん、キャンピングカーとしての需要も大きい。ハイエースやキャラバンのカスタムも、いままでのラグジュアリー志向から徐々に、リフトアップやオフロードタイヤの装着といった走破性や実用性を高める方向も見直されつつある。

4WD & SUVカーニバル2019 また国内外で、フルサイズSUVの新型車が続々と登場している状況も見逃せない。海外ではメルセデス・ベンツやランドローバーは有名だが、ポルシェ、アウディ、VW、BMWなども力を入れてきている。一方、ミニマムサイズの軽自動車市場においても、本格クロカン4WDのスズキ・ジムニーがモデルチェンジしたり、SUVを前面に押し出した「遊び」をイメージさせるトールワゴン系も人気だ。これら、スモールカーならではの距離感や手軽さが、4WD & SUVの魅力を広く訴求。高額車両だけでは、そうはいかない側面をカバーしている。

 そんななか、5月19日に開催された JAFEA WEST(日本四輪駆動車用品協会 西日本支部)主催の「4WD & SUVカーニバル2019」には多くのメーカー&ショップがブースを出展。各関連企業の最新情報にくわえ、いまの4WD&SUVブームのトレンドに触れてみたい。

 三菱系ディーラーのブースでは、新型デリカD:5と新型ekクロスを展示。オールラウンドミニバンのデリカD:5は、フェイスにダイナミックシールドを取り入れフロントマスクを一新し、改良されたディーゼルエンジン+8速スポーツモードA/Tで走破性能を向上。そして、その“ミニ”デリカD:5″の様相を呈するekクロスは、軽自動車SUVとしてアクティブなデザインとHYBRIDシステムによる力強い走りが魅力だ。

4WD & SUVカーニバル2019

 タイヤメーカーではTOYOタイヤがオフロードタイヤで人気の「オープンカントリーM/T」の新作となるホワイトレター仕様を参考出品。新型ジムニーに装着して一般公開した。

4WD & SUVカーニバル2019

 横浜ゴムは、今年発表になった「ジオランダー X-CV」を披露。大型輸入SUV車にターゲットを絞って開発し、高速性能と運動性能を重視した新しいハイウェイテレーンタイヤである。

4WD & SUVカーニバル2019

 ホイールメーカーのレイズは、オフロード系に人気の「チームデイトナ M9」のランドクルーザー プラド専用モデルをお披露目。まもなくデリバリーということで、従来のフラットディスクから立体感あるコンケーブフォルムが楽しめる。

4WD & SUVカーニバル2019 さらに香川県のジムニーショップ アーネストは、同じくレイズの「チームデイトナ STX-J」の専用カラーである”クリアブラック”を販売開始。こちらも注目を集めていた。

 そして、地元三木市に拠点を構える4WD車専門カスタムプロショップのWEED(ウイード)では、車載型ルーフトップテント「SKYCAMP」を提案。伸縮パネル構造によって30秒で開閉し、1分足らずではしごまで設置できるという。

4WD & SUVカーニバル2019

 テントのなかは快適性を追求した低反発マットレスが敷かれ、家族4人もしくは大人3人が寝られる広い空間が出現。また、ジムニーでは9インチナビ用のオリジナルパネルやシートカバーを展示した。

 

高まりをみせる新型ジムニーへの期待値

 屋内外の展示ブースは、新型ジムニー&ジムニーシエラ祭り。新車の売れ行きと比例するようにカスタマイズも熱いようだ。

4WD & SUVカーニバル2019

 例えば、兵庫県神戸市にあるモトレージのブースでは、オリジナルのフロントグリルを参考出品。レトロな雰囲気のデザインで、プレーンなブラックから迷彩柄やウッド調まで多彩にデコレーションされていた。

4WD & SUVカーニバル2019

 スズキの副代理店でもあり、4WDカスタムに強い愛知県春日井市のショーワガレージは、大人気の「A-Xルーフラック」をベースキャリアなしで新型ジムニーに直接取り付けできる専用ルーフラックを参考出品。

4WD & SUVカーニバル2019

 車体との一体感が増し、よりスマートに装着できるようになる。なお、リアルカーボンのキーケースも近日発売予定とのこと。

 最後は全国的にも有名なタニグチ、ピストン、マスターピース、ハイブリッジファーストなど関西のジムニー専門店は、オリジナルパーツを組み込んだ新車コンプリートカー販売に積極的。当日は、人気パーツが装着された完成車両の試乗車も会場に持ち込まれ、広い駐車場の外周路などをテストコースに見立てて走行。実際の走りを体感したいという多くの来場客がブースを訪問した。4WD & SUVカーニバル2019

 こういった状況を集めてみると、いまや、クルマが単なる移動手段ではなく、多様化されたライフスタイル(特にアウトドアレジャー)に寄り添う一部分として、4WDやSUVの存在価値が見出されているように思える。「4WD&SUVブーム」という言葉はわかりやすい表現かもしれないが、日本人の感覚がさらに欧米に近づいてきたとも言えよう。


画像ギャラリー