タフなSUVスタイルだけどライトな前輪駆動モデル5選

タフなSUVスタイルだけどライトな前輪駆動モデル5選

本格的な悪条件に遭遇しない限りFFでも十分

 世界的なものとなっているここ数年の「乗用車にタフなSUVの要素をミックスする」といったSUVブームにより、このジャンルの車種は増える一方である。ところが、その中には「見た目はSUV&クロスオーバーだけど、実は4WDではなくFF(前輪駆動)」というライトなモデルも意外に存在している。しかし、本格的な悪条件に遭遇しない限り、FFでも十分。むしろ余裕あるロードクリアランスが、日常の使い勝手を向上させる。

三菱デリカD:5 ガソリン車

 ミニバンにSUVの要素を盛り込んだ貴重な存在で、今年行われた超ビッグマイナーチェンジによる進歩が高く評価されているデリカD:5であるが、超ビッグマイナーチェンジされたのは4WDのみとなるディーゼル車で、ガソリン車は超ビッグマイナーチェンジ前のモデルが継続販売される。ガソリン車にはNA 2.4リッター直4と組み合わされる4WDのほか、NA 2リッター直4と組み合わされるFFも設定される(写真は4WDモデル)。SUVの要素をミックスしたクルマ

 当然ながらデリカD:5らしいのはディーゼル車を含めた4WDであるが、FFも最低地上高は190mmと標準的なSUV以上に確保されており、軽い悪路やわだちの深い雪道にも十分対応する。さらにデリカD:5のFFは価格も244万9440円からとスライドドアを持つ5ナンバー・ハイト系ミニバンと同等のリーズナブルなものとなっており、「デリカD:5のワイルドなスタイルや雰囲気が好き」という人には魅力的な存在だ。SUVの要素をミックスしたクルマ

ジープ・レネゲード

 レネゲードはフィアットとクライスラーのアライアンスにより誕生した、フィアット500Xと兄弟車になるコンパクトSUVである。レネゲードはコンパクトながらジープらしいエクステリアを持ち、同ブランドに相応しい悪路走破性を備える4WDを設定。SUVの要素をミックスしたクルマ

 そしてFFもあるのだが、最低地上高も170mmとそれほど高くない。一般的な乗用車に比べれば高めだが、「ジープブランドにしては軟派なモデル」という印象は否めない。しかし価格は293万5000円からと最近値上がりが目立つ日本車と迷えるくらいリーズナブルなので、輸入車入門などにも面白い存在だ。SUVの要素をミックスしたクルマ

スズキ・スペーシアギア

 ホンダN-BOXやダイハツタントに対抗するスズキの軽スーパーハイトワゴンであるスペーシアに2018年12月に追加されたギアは、樹脂部品を含むボディ各部のブラックアウト、ルーフレールを持つエクステリア、インテリアでは撥水加工されたシートや汚れに強い防汚仕様となるラゲッジスペースなどを備えるSUVの要素を盛り込んだモデルである。SUVの要素をミックスしたクルマ

 しかしスペーシアギアには、FFと4WDも設定されるものの、悪路走破性の向上となる最低地上高を高めるなどの装備は特に行われておらず、雰囲気重視の存在だ。SUVの要素をミックスしたクルマ

プジョー2008、3008、5008

 プジョーはコンパクトな2008、ミドルクラスの3008、3列シートを備える5008という3タイプのSUVをラインナップする。3台とも最低地上高は165〜175mmとSUVとしては低く、その上FFのみの設定。SUVとしては珍しい存在である。しかし3台とも雪道、サンド(砂)、マッド(泥)と路面状況に合わせてトラクション(駆動力)を稼ごうとするグリップコントロールを装備し、悪路へ対応している点は評価できる。(画像は3008)SUVの要素をミックスしたクルマ

日産ノートシーギア

 2モーターシリーズハイブリッドのe-POWERの追加以来日産の国内販売の大黒柱的な存在に成長したノートには、ボディ下部のスタイリングガードやフェンダーアーチの黒いガーニッシュ、専用シート地などを装備したシーギアも設定される。SUVの要素をミックスしたクルマ

 クロスオーバーに見えるシーギアながらFFに加え簡易な4WDも設定されるものの、最低地上高に代表される悪路への対応は特にされておらず、ベースのノートとはちょっと違った「クロスオーバーの雰囲気を楽しむモデル」という位置付けに留まる。SUVの要素をミックスしたクルマ

 SUVというと「4WDで最低地上高の高いモデルが欲しい」となりがちであるが、雪道や悪路を走る機会が少ないというのであれば、FFでほどほどの最低地上高のモデルにスタッドレスタイヤを履かせれば、ウインタースポーツのお供としては十分というのも考えも成り立つ。その点を考えると、SUVブームによりいろいろなモデルが登場し、自分の使い方や好みに合ったものが選びやすくなっているというのは、歓迎すべきことといえるのではないだろうか。

画像ギャラリー