純正はなぜ重たい!? アルミホイールの軽量化によるメリットとデメリット (1/2ページ)

純正はなぜ重たい!? アルミホイールの軽量化によるメリットとデメリット

軽量ホイールを装着すると走りが軽快に

 一般的に、同サイズなら純正アルミホイールは重く、社外のスポーツ系ホイールのほうが軽い傾向です。また社外ホイールは、様々なデザインが選べることから、交換する恩恵は多いのではないかと思います。そこで、デザインだけではなく、軽量なホイールを装着するメリットを紹介しましょう。

 アルミ(軽合金)ホイールには、JWL(基準適合)とVIA(品質検査適合マーク(VEHICLE INSPECTION ASSOCIATIONの略)という、技術基準や保安基準を満たすマークが刻印されてます。

【関連記事】【ミニバン&ワゴンのカスタマイズ30年史】車高短ブーム到来! 「シンプル」&「ラグジュアリー」全盛の2000年代前半とは

軽量ホイールがクルマの乗り心地を変化する画像はこちら

 JWLというのは国土交通省が定めた検査基準で、回転曲げ疲労試験、半径方向負荷耐久試験、衝撃試験があり、各項目について細かく検査方法と基準が決められています。このマークが刻印されていないと国内では基本的に車検に通りません。軽量ホイールがクルマの乗り心地を変化する画像はこちら

 VIAマークは、第3者機関である「自動車軽合金製ホイール試験協議会」がJWL基準に定めた適合品質であるかどうかを、厳格な強度試験や品質検査を行って確認し、合格した者についてVIAマークを表示できる、というもの。

強度面のデメリットを回避するため重くなりがちな純正アルミホイール

 製造基準の説明が長くなってしまいましたが、純正ホイールおよび国内で販売されている社外アルミホイールは、そうした性能をクリアしているのが基本です(並行輸入品や格安ホイールは、検査を受けていないケースあり)。軽量ホイールがクルマの乗り心地を変化する画像はこちら

 安全と安心のための”刻印”なのですが、純正ホイールは自動車メーカー独自の社内基準(強度、耐久性や防錆性能等々)にも合致させながら、なおかつ低コストで作らなければならないという、もう一つのハードルがあります。自動車メーカーの開発者によると、縁石のような背の高いクルマ止めを乗り越えても曲がらない強度が必要とか。そのような理由から純正ホイールは、重たくなる傾向にあります。軽量ホイールがクルマの乗り心地を変化する画像はこちら