車内の悪臭が気になる! クルマのイヤな匂いを消す方法

車内の悪臭が気になる! クルマのイヤな匂いを消す方法

自分では気づきにくい匂いの元を考える

 残暑きびしい中、まだまだ、暑い日々が続きます。そう、汗のシーズン。自分では気づかないうちにカラダが汗臭くなってしまっていることはないですか。そんな匂いの元は愛車の車内だって同じこと。自分では気づかない愛車の匂いは他人にとっては悪臭。今一度、臭いの元を確認してみませんか?

 まず、喫煙者にとって気になると言えばタバコの匂い。これは吸わない人にとってはキツイです。吸っている人のクルマに乗せてもらうと、吸わない人は気分が悪くなって酔いそうになることも…。そのような喫煙者にオススメなのが、エアコンのフィルター交換です。

 車種に合った品番のフィルターは、カーショップやネットショップで入手可能。一般的には助手席下にあるグローブボックスを外すとフィルターの入った箱があるので、箱を引き出してフィルターを付け替えて戻せば交換完了です。車内の悪臭や異臭を取り除く方法

 また、消臭スプレーも効果的。複数あるエアコン吹き出し口にノズルを差し込み根気よく「シュー」と吹いてやります。フロントシートの足元に置いて使う、スチームタイプのエアコン消臭剤も便利。匂い消す効果のある煙を出しながらエアコンを循環させて使用するタイプですが、エアコンの他にシートに染み付いた汗などの匂いも除去できるので、ぜひ試してみてほしいですね。

 さらに、クルマのシートやフロア(マット)は人の汗や、こぼした飲み物や食べ物のカスなどで臭いを発していることが多い部分。レザーシートならば、水500ccに対して100均の重曹をスプーン2杯くらいを入れて、タオルを絞って使用。色むらが出ないかレザーの目立たない部分で確認してから作業するといいでしょう。特に匂いのきつい部分には、重曹を少量振りかけタオルで抑えて一晩置くといいです。その後、重曹を掃除機で吸って、キレイにしてレザー専用クリームでしっかりメンテナンスしてください。車内の悪臭や異臭を取り除く方法

 ファブリックシートも同じ方法も可能ですが、重曹を溶かした水をスプレーボトルに入れて吹きかけながらやることもできます。ただし基本布なので、後で炎天下などでしっかり乾かすことを忘れずに。中性洗剤を使う手もあるけれど、やりすぎると泡だらけになってしまうので要注意。レザーシートを含めて不安がある場合は、専用クリーナーを使うのもアリです。

 悪臭は布製だけでなく、ダッシュボードやドアの内張といった樹脂素材や窓にも付着します。窓の内側ならばイソプロピルアルコールがオススメ。窓ガラスの仕上げ拭き、塗装面の脱脂、プラスチック部分の洗浄、油脂類除去等に効果的で、100均のガソリン水抜き剤でも代用できます(表示にイソプロピルアルコール99%と書いてあるか確認)。スプレーボトル利用で吹いて作業すると簡単。汚れが落ちるからといって狭い車内で、シンナー系のものを使うのはやめたほうがいいでしょう。

 あと、フロアマットは布製なら要注意。掃除せずに放置していると泥や雨水、食べこぼしが原因でダニや雑菌が繁殖する可能性も。洗う前にしっかりと掃除機で吸い取ってから天日干しをして紫外線を当てることが大切です。事前にダニや雑菌を死滅させてから、液体系の洗剤でしっかり洗浄。そして、洗ったその日に干して乾燥させます。生乾きになると、逆に雑菌の温床となってしまうので注意ですよ。車内の悪臭や異臭を取り除く方法

 比較的お金のかからない方法で車内の臭いを取り除く方法を紹介しましたが、臭いをとったからといって気合いを入れて強烈な香りのする芳香剤を使ったりすると、残念なことになってしまいます。芳香剤の香りホドホドにして、あまり強めな香りで車内の臭いをごまかすことなく、定期的に車内を臭い気をつけて無臭に近いレベルにした方がいいでしょう。


画像ギャラリー